業務内容について


e6e40de54f587464dcbf14c65349fb21-600x450

 

 

※多忙の為、コンサルサービスは休止致します。

 希望の方は1万円コンサルサービス(スカイプ相談)を御利用下さい。

 

23無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

改めましてはじめまして。

私は起業支援と売上増大を専門にコンサルタント業を営んでおります、弊ブログの管理人です。

(ブログ内では『底辺』と云うハンドルネームを使用しております。)

最近では属性のあまり高くない方向けの起業支援を主として行っており、

金銭面・時間面のリスクを極限まで削った低コスト戦略を得意としております。

 

 

 

1万円コンサルティングサービスを開始 (2015年5月6日)

 

 

リクエストに応え、低額相談サービスを開始します。

「幾らか払うので低額でスカイプ相談を提供して欲しい」

との声は以前からあり、対応するサービスを考えておりました。

 

 

実験的にではありますが、1万円で数時間起業・事業相談に応じます。

(1時間話せば大抵の問題点は浮き彫りになりますし、改善案も生まれます。)

価格的な矛盾を避ける為にブレスト屋へのリンクはトップページから削除致します。

【参照リンク】 ブレスト屋

 

ブレーンストーミング希望の方も、当面は1万円で対応致しますので、引き続き気兼ねなくお問い合わせ下さい。

 

 

希望する日程・時間を第三希望まで提出して下されば、こちらでスケジュールを合わせる様に致します。

貴方の貴重な時間を有効活用する為にも、予め簡単なアンケートに御答え下さい。

(勿論、義務ではありません。 全く情報を伏せた状態での相談も受け付けます。)

アンケートは下記のテキストリンク先に設置しております。

起業プロファイリングについて

 

 

相談時間に関しては2~3時間を目安に考えております。

 

 

 

「起業」の定義

 

従来、『起業』と言えば勤め先を退職しサラリーマンの勤務時間並の拘束時間を犠牲にして、自分の事業を立ち上げる事を指していました。

私は、この考え方は間違いであると考えています。

何故なら、誰にとっても所詮起業は博打に過ぎないからです。

(既に完成している収益構造に参画する就業行為と違い、新規事業立上は誰にも先が見えません。 大企業ですら予測を大外しして新規立上事業で致命傷を負う事があります。)

『起業』は軌道に乗って『事業』に変わるまでは博打に過ぎません。

そして、博打に大金や長い時間を費やすのはあまりにも馬鹿げています。

 

私が本格的なコンサルティングを始める前に皆様にお伝えしている事は、

「起業と云うギャンブルのチップと所要時間を極限まで削ぎ落とす方法」

についてです。

事業を起こしたから/したいからと言って、事業に生活時間の大抵を拘束されるのは間違っています。

作家が過去の作品の印税を受け取るのに一切の労力を費やさないように、貴方も事業から収益を上げる為に不要な労力を費やすべきではありません。

事業は時間を費やすものではなく、資産の一種として『保有』するものなのです。

もしも、事業に金も時間も奪われるのなら、その事業は負債以外の何物ではないではありませんか。

結論を先に述べておくと、維持費の掛からないビジネスの保有は誰にでも可能です。

貴方が今、自分のビジネスを保有していないのは貴方が劣っているからではなく、たまたま今までは縁がなかっただけに過ぎません。

労力を他人(勤め先や雇い主)を経由せずに直接換金する手法を是非とも貴方自身の為に活用して下さい。

 

 

 

 

どの様な業種での支援を行っているのか?

 

弊サービスでは個人が原則的に誰も雇用せずとも営める形の事業を提案・作成しております。

業種に関してはお客様個々の現状・属性に大きく左右されるので、綿密な聞き取りの後、個々にとって最適の形態のものを提案・作成させて頂いております。

 

 

 

コンタクトについて

 

無料相談を受け付けております。

メールは匿名でも構いません。

事業内容に関しては多少ぼかして頂いても結構です。

 

 

 


 

 

 

FAQ

 

Q,料金について教えて下さい。

 

A,下記料金表を参考にして下さい。

 

 gg

 

 

 

Q,底辺死亡時のアフターケアについて

 

 A,遺言執行人である底辺弟がケア致します。

 詳細は下記エントリーを御参考下さい。

 

いつも兄がお世話になっております。 底辺の弟です。

 

 

 

Q,底辺に対する判断材料が少な過ぎる。

 

A,下記のリンク先に御苦情・御叱責を集めております。

底辺に対する苦情開示コーナー

1件のコメント

  1. Name *

    あなたのご意見 *

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。