電子書籍を簡単に出版する方法 (EPUBの作り方・しかも日本語で)


【2015年11月22日追記】

 

ライブドアブログが無料でEPUB作成サービスを解放している。

(2015年5月1日からの全サービス無料化の一環で)

EPUB作成ツール・サイトにはあまり利便性のある物が無かったので、底辺は重宝している。

http://blog.livedoor.com/guide/ebook.html

 

EPUBは数ある拡張子の中でも、電子書籍用に企画化された「カネになる可能性の有る拡張子」である。

この事実を、起業・独立を目指している方は常に念頭に置いておいて欲しい。

 

 

ここから本編

 

底辺は不親切な人間なので、マニュアル染みた記事は一切書かない。

無能者の底辺が苦労して編み出し体得したマニュアルを、

他の誰かが検索ワンクリックで手に入れてしまう事が許せないからである。

だから、ライフハックを騙りつつも、抽象論や一般論や奇策自慢しか、書き記していない。

 

今回は具体的な手段を書き記す。

貴方の為にではない、底辺が私的に親交を持つ幾人かに媚び諂う為である。

「社長、御無沙汰しております! 貴方の底辺で御座います!

先日話題となりました、電子書籍の出版方法。

底辺めが社長様の為だけにマニュアルに纏めておきました!」

と媚び諂う目的で、このエントリーを作成している。

貴方の目にも触れる場所に公開したのは、ありもしない公徳心を装う事が目的だ。

これが嘘偽り無き底辺である。

 

 

こう云う媚び方もあると学んで頂ければ、貴方の人生の一助になるかも知れない。

と思って手口を晒しておく。

 

 



 

本題に入る。

自分のコンテンツを発表するには、EPUBと云う拡張子形式にコンテンツを変換しなくてはならない。

つまりテキストやワードのままでは、電子書籍には出来ないって事です。

EPUB(イーパブ)は、電子書籍の規格の1つである。

米国の電子書籍の標準化団体の1つであるInternational Digital Publishing Forum(IDPF、国際電子出版フォーラム

普及促進している公開された仕様の電子書籍用ファイル・フォーマット規格である。

ここで挫折する人が意外に多い。

(無論、挫折名人の底辺はちゃんと挫折した。)

 

そこで、文章を手軽にEPUBに変換する手法を紹介しておく。

http://blog.livedoor.com/

まずライブドアブログを使用する。

 

 

 

 

そして無料ブログ登録する。

 

 

 

 

ブログの管理画面で今回の手法と関係あるのは

「有料プラン」「EPUB書き出し」である。

有料課金すれば、ブログで書いた文章を「EPUB」形式に変換出来るのだ。

 

 

 

 

例えば、上の画像は底辺の著作 「女騎士の僕が「らめぇ」や「ひぎぃ」フラグを懸命に立てながら女忍者軍団の触手忍法と祖国の存亡を掛けて対決するハメになった件について」 の下書きであるが、

ライブドアブログ(有料)で書いた。

 

 

 

 

これが「EPUB書き出し」の画面である。

書式や表紙を指定する事が出来る。

無論、数秒で「EPUB」に変換可能である。

 

これが日本語ツールを使用して自分の文章を「EPUB」に変換する方法である。

 

 

後、もっと楽な手法としては、

http://genepub.com/

このサイトを使うと云う手もある。



 EPUBが完成したら、電子書籍の販売サイトに登録。

https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/signin

 例えば、これはキンドルのサイト。

最大手なので、とりあえず紹介しておく。

 

 



 

 

 
徐々に奇妙な暴言・第六話ッ!!   「お兄ちゃんの立場なんて全然羨ましいわけじゃないんだからね!」
 
 

About the author /


1件のコメント

  1. 匿名

    昔はジョジョなんて「なんかキモイ絵なんだよねー」って評価しか得られてなかったのに。
    アニメ化なんか無理って評価でOVAがやっとだったのに。
    時代も変わったな。良い物はやっぱり評価されるんだな。

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。