電子書籍をベストセラーにする方法  ~底辺の新刊が国内最大手電子書籍レビューサイト『キンドルどうでしょう様』に紹介された件について~



キンドルでの電子書籍販売方法も相当確立されてきたのだが、

他の商品・サービスの販売促進と同様に、

有力レビューサイトに紹介して貰う、

と云う手法が最も有力なものとなりつつある。

以前、弊サイトのエントリーである、

無名の個人が電子書籍を売り捌いて大儲けする為の3つ方法

 でも書いたことであるが、

以下の3サイトが日本語圏における強豪である。

 

 

≪きんどるどうでしょう≫ 

http://kindou.info/

アマゾンキンドルを出版する上で、絶対にブックマークしておくべきサイト。

新刊紹介・寄稿受付・表紙イラストレーターとのマッチング。

スタートダッシュの全てを賄える推奨サイトです。

 

 

≪キンドる速報≫ 

http://bookdi.gger.jp/

アマゾンキンドルの巨大レビューサイト。

ここも自作品を自薦可能。

 

 

≪忌川タツヤのKindleは友達さ!≫

http://d.hatena.ne.jp/timagawa/

自称・SEO業者の底辺が言うのだから間違いないが、

「アマゾンキンドル」について何か調べようとすると、

絶対に避けては通れないサイト。

(制作者サイドの視点で検索すると絶対に検索に引っかかる)

底辺は意地になって忌川氏のサイトを避け続けているが、

強欲で山っ気の強い底辺の検索方法で必ずヒットすると云う事は、

ノウハウサイトとしては、最高峰のサイトである事を意味する。

この場を借りて賛辞を贈りたい。

 

 

今回、「キンドルどうでしょう」、略して「きんどう」で新刊紹介され、

その瞬間に検索アクセスが激増したので、大手の影響力に今更驚かされたものである。

底辺の電子書籍が読みたい者は、

「女騎士 触手」

で検索を要推奨。

 

タイトル回収。

電子書籍をベストセラーにするには、

大手のレビューサイトに自薦するのが一番の近道。

との平凡な結論である。

 

 

メディアアクセスガイド(MAG)〈No.2〉ライター・フォトグラファーのための売り込み、持ち込み情報源

 

About the author /


あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。