起業者にとって最も大切な資質とは?  ~猛虎襲来~


先日。

今時の個人事業者の成功例 ~フリーランスでやっていきたい若者へのヒント~を寄稿して下さった猛虎氏から年賀の挨拶を頂いた。

 

その会話のおり、次の寄稿の話題になったので、事後検証的に続編記事を作成する事にした。

続編と言っても、猛虎氏からのレポートの形式となる。

 

 

 

 

猛虎氏から底辺への手紙

 

前回、今時の個人事業者の成功例 ~フリーランスでやっていきたい若者へのヒント~を寄稿させて頂きました「猛虎」です。

ご無沙汰をしております。

昨年の8月頃でしたね。

あれから半年近く経過し、現在の状況をご紹介します。


まず、サラリーマン稼業はソツなくこなしています笑

一方の副業(本業?)というか自由業ですね。

そちらは12月に過去最高売上(益)を出せました。

(※CHAGE&ASKAのYah Yah Yahぐらい!)

ひとえに協力者様あってのことですが、いよいよ力が付いてきたなと実感したところです。


底辺さんのサイト経由でいくつかお問い合わせを頂いたので、そのご報告も兼ねて展望みたいな形で記したいと思います。

前回、底辺さんのサイトに寄稿することを契機にコンサルを募集しましたが、具体的なお話を頂いたのが3名の方からありました。


正直、ビックリしました。

底辺さんの紹介、スゲエとなりました。

ただし、どの案件もこの半年で目に見えるほどの成果は上がっていないのが現状です。

なかなかうまくいかないですね。

といっても、振り返れば私も最初の半年は0円/月、

その後しばらくは1万円の収入しかなかったのでこんなものかなぁと感じております。


魔法使いのように、ホイホーイ♪ってやって

みんながそれなりに儲けれるようになれば簡単なのですが、そうはいきませんね。

 

 


ただ、この3名の方、共通点がありました!

1、問い合わせから契約まで一瞬でした!

つまり、やる気がある=お金を投資する、という行動を見せてくれた方々です。

この時点でこの方たちは成功すると思いました。

誤解の無いようにお伝えしますが、1ヶ月は3千円です。

金額の大小で言えば、私の生活が豊かになるほどの額面ではありませんが、

テンションが上がったのはいまでも覚えております。

 


2、ご自身をよく理解されている

思ったのはこの点ですね。

みなさん、自分のことをよく理解されています。

どちらかというと、「自分はこういう経緯があるから他の人のようには頑張れない」というような解釈ですが、これはこれでいいのではないでしょうか。

私も新卒で入った会社は、一部上場企業でそれはエリートな雰囲気でした。

同窓会でも周りから羨ましがられましたし、それなりの給料ももらえていました。

しかしながら、出世競争に負けて、それ以上戦う価値を見いだせなくなり、会社に背を向けて敗北兵のごとく消え去った人間です。

その現実を受け止めてこその現在ですので、何が正解かは分かりませんが

自分を理解する(どちらかというとダメな自分を踏まえて、その上でのやりたいこと)のはとても重要なことではないかなと痛感した次第です。

 

3、3名の内1名の方は芽が出始めてます!

他の2名の方がダメだった、という話ではありません。

この芽が出始めている1名の方は私の得意な競馬分野でやってみたい、というお話を頂いたので一緒にやりはじめました。

そして今では、競馬界ではそれと知れたサイトの手伝いをするまでになり、”ご自身で実際に稼ぐ”を具現化されました。

今から更に加速していくだろうというのは、傍で見ていて感じますし、卒業もそう遠くないなぁというのが率直なところです。


一方の2名の方も、これまで抱えていた自身の問題と向き合いつつ「どうしていいか分からない」という状況は打破されたように感じています。

今から攻めに出ていける状況までになってきたと感じています。

前回からのおよそ半年での成果はこのような形となりました。

私自身としては、まず3名もの方に声をかけて頂いて、感謝しております。

自分の価値を今後もっと高めていかないといけないと感じ、お話をするだけでも人の役に立てると

いうことに新しい価値を見出すことができました。

 

 


前回の記事を読まれていない方もいらっしゃると思いますので、簡単に自己紹介しますと

・9時-18時のお気楽な仕事でサラリーマンしてます。

・18時-24時くらいまでが個人事業主として活動する時間です。

・特別なスキルのあるスペシャリストではありません。

・一芸に秀でた人間でもありません。

・「これで飯を食っていくんだ!」というものは持ち合わせていません笑

・でも、何をやってもそこそこ稼ぐ自信はあります!

・なぜなら、人のマネが得意だから!

・そして”やってみる”、”継続する”ことに関してはできるかな

サラリーマン稼業の忘年会で、上司に言われました。

※上司は、私が副業で稼いでいることは知っています。

「こいつは自由人すぎる」

有難いお言葉で、私の目指すところがあるとするならば、

まさにここでしょうか。


もし、こんな私に興味を持っていただけるなら、

コンサルタントという名のもとの雑談を交わしませんか?

私自身の最終目標は、「何もせずに儲かる」ですが、

現在は馬車馬のように働いてますw

 

 

 

底辺補足

 

以上が猛虎氏の寄稿である。

猛虎氏と相談者の方が円滑な様で何よりであると感じている。

彼は非常に地頭の良い人なので、相談者を大いに益する事だろう。

(ただ、もし彼との間でトラブルが発生した場合はお手数だが底辺まで御一報頂きたい。)

 

往還の折。

折角なので、猛虎氏に起業の秘訣を質問してみた。

 

 

 

底辺から猛虎氏への5つの質問 (一問一答)

 


1、これから起業される方にとって一番重要なタスクは何ですか?

  (私は自身の経歴・スキルの棚卸・ジョブカード化だと考えてます)

 

 

自分に課した約束は必ず守る、でしょうか。

できない目標や取り決めは、絶対にしない。

目標はより低く、達成し続けてこそです。

まだまだ私も修行中だなと感じている点ですが…。

 

 


2、起業者が意識するべき点は何ですか?

  (私はタイムコスト意識だと考えております。  但し、相談者に対して強要しない様に留意しております。)

 


24時間、意思のある活動をすることでしょうか。

ボケーッとTV付けっぱなしや、ネットサーフィンばかりしている時間は無駄。

気持ちのリフレッシュのために「しゃべくり007」を見る!

一経営者を見よう!という意識でYoutube・マックスむらいを見る!

自ら主体的に、こうしよう!と考えて、行動することでしょうか。

寝る時にも、私はさあ寝るぞ!明日の朝、起きたらこれだ!

というのをイメージしながら寝ます。寝ることに神経を集中させます。

 

 

 


3、意思も身体も弱い人が時間を作る方法はありますか?

  (私が薄弱者なのでこの質問。 私はカネに絡む電子メールの往還を意識して増やす事ではないか? と最近強く思うようになりました。)

 

 

自分ができることを知ることから始めればいいのではないでしょうか?

まず、できることが何なのか?自身を理解しましょう。

その上でやりたいことをやるために、何が必要なのでしょうか?

繰り返しますが、目標はより低く!です。

達成可能な目標を設定して、そこに向かっていきましょう。

 

 

 


4、これは止めておいた方が良いと思う副業のジャンル・その理由を教えて下さい。

  (私はマルチとアフィリエイト。 前者はゼロサム性を前提としたシステムである事。  後者は圧倒的利益率の低さ)

 


アダルト、ですかね。

理由は、人や社会の役に立つ、という理念がないからですね。

理念のない行動は、長続きできないと考えています。

 

 

 

5、空いた時間の使い方で推奨する事はありますか?

  (私は一人の場合はビジネス本を読む事。 誰かと居る場合は相手とカネの話をする事を推奨しています。)

 

 


一つは読書ですね。

これも、難しいところではなく自分が好きな分野、私なら野球ですが、その人たちの書籍。

ただ、あまり空いた時間というのが私自身なくて、、、

「誰ともアポがない」

「差し迫った案件もない」

という意の空いた時間であれば、

軽くウォーキングして、その後スーパー銭湯ですね。

湯船につかりながら、もろもろ妄想する時間は明日への活力となります。

今はネットやスマホのおかげで、暇つぶしには困らなくなりました。

一方で、「物思いにふける」時間もなくなったように思います。

一人イメトレは、結構大事だと思いますのでその時間を作りますね。

 

 

特筆すべき点

 

以上の往還であった。

今回のエントリーが貴方の利益となれば嬉しい。

ただ、猛虎氏から学ぶ点は上記のエントリーの枠外にこそある。

 

猛虎氏が底辺に再寄稿を打診してきたのが

 

2016年1月5日20時50分である。

同日、22時38分には、寄稿に関する全ての話はまとまっていた。

(寄稿の話題自体は20分も掛けなかった。  主に情報交換)

一日挟んで1月7日。

午前9時06分に、猛虎氏からの原稿が送られてくる。

(↑ 会社の朝礼後に送った?)

 

これに対し底辺が5つの質問を同日10時25分に依頼。

その質問への回答が11時41分に帰って来た。

 

 

猛虎氏から学ぶべき点は、実はこのスピード感である。

(念を押しておくが、彼は本業を持つサラリーマンである。)

 

彼の再寄稿に関して底辺は乗り気ではなかったが、彼が持つスピード感を貴方に伝える事が出来るのならば、スペースを提供する価値は大いにあると判断した。

神速を尊ぶのは、兵事に限った事ではない。

 

速度は、ただそれだけで財産である。

何より、速度の価値は既に万人の手中にあると云う点にある。

無論、怠惰停滞も万人の背にへばりついているが。

 

 

 

駆けよ青年、猛虎の如く。

 

 

 

 

 

猛虎氏からの補足

 

 

スカイプid=gazoudaiou

チャットワーク:carrotstudio

性別:男

 

メールでは敷居がたかいかもしれませんので、お気軽にどうぞ。

 

Tagged with:    

About the author /


10件のコメント

  1. 多那

    9時-18時,8時-24時働いてるのか。実質起きている時間は全部働いているわけか。凄いなぁ。の一言。
    私はやる気が出るまで時間がかかるタイプなのでこういうことはできないかなぁ。ルーチンならまだしもルーチンじゃない仕事するとどうしても時間かかっちゃうんですよね。

  2. teihen

    多那様

    同感です。
    ただ、仕事を楽しんでる場合。
    一日中動いていても苦にならないので、好きな仕事を一つでも多く見つけて行きましょう。

  3. 幸福賢者

    立派な人だが、アダルトが人の役に立たないというのは偏見のような。
    人の欲求を支援する行為はすべからく人の為になると思います。
    そういえば、底辺殿のアレな書籍が気になって仕方ないのですが、どういった属性持ちの方がターゲットなんですかね?

  4. teihen

    幸福賢者様

    私の書籍は全てアレなのですが、どれの事を指しておられるのでしょうか?

    また、今年はこのサイト初のとてつもなくアレな書籍を刊行します。

  5. やす

    今回の記事もありがとうございました。
    一問一答、とても興味深かったです。
    今度は是非おふたりの対談を載せていただきたいです。

  6. teihen

    やす様へ

    実は猛虎氏と私の絡みは、スカイプチャットの遣り取りが一番面白いんですけどね。

    色々な方の寄稿を頂けるように今年も頑張ります。

  7. Name *

    こうして底辺さんはハブになっていくんですね。

    ただ、メールの往還等でそれを金に絡めいてく方法や金になりそうなメールの基準がピンときません。
    私自身スパムは元より知人・初対面関係なく金を払わせようとする気配を察知した時点で最大警戒レベルに達してしまう人間です。

    ましてお金を払ってもらうようなシチュエーションなど尚更全く想像できません。
    ものすごく漠然とした質問なのですが、どんなものなんでしょうか?
    なんというか商談が進みそうな雰囲気というか空気というか「あ、これ(この人)いける」という流れというのは

  8. Name *

    5:29様へ

    最初からビジネスパーソンとして看板を掲げた上で、他のビジネスパーソンとの往還が増えれば、自然にチャンスが生まれます。

    自分のビジネスを保有しない方が往還を増やしても儲けには繋がりにくいのではないでしょうか。

    商品棚が空っぽの店にお客が来たところで売上が発生しなようなものです。





    >お金を払ってもらうようなシチュエーションなど尚更全く想像できません。

    こちらの保有している技術・ノウハウを相手が欲しがっている時。
    自然に商談になります。

  9. met

    スマホアプリ(iPhone版)を入れさせて頂いたんですが、
    ブログが更新されていてもアプリに通知来ないんですね。

    てっきり更新されていないものと思い、念の為にWEB版に来て更新を知った次第です。バッジ通知でも、ホーム画面への通知でもよいので、アプリをブラッシュアップされる際はご検討下さい。
    その時は飛んで喜びます。

  10. teihen

    4:14様

    御指摘ありがとうございます。
    アプリも一度、きっちり調整した方が良いかも知れませんね。

    御教示ありがとうございました。

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。