貧乏人が金持ちになる為のシンプルなスタート方法



タイトルがタイトルなので手短に済ませる。

前フリもなし。

 

「自分のビジネスを持つ事」

貴方が金持ちになる方法はこれしかない。

 

法人化は儲かった後でいい。

環境的に制約があるのなら、個人事業主届も後でいい。

(個人事業主=自営のメリットや利用法はこちらから)

 

名刺と領収書。

この2点を早急に用意する事。

それ以外の全ては、その後でいい。

 

名刺(屋号)は汎用性のある物が良い。

ニッチ性のある名刺が必要になれば、その時少数印刷すればいい。

仕事も何でもいい。

最初は犬の散歩代行でも、居酒屋のスポット皿洗いでもいい。

「貴方が儲かる金額を提示する」

事さえ守れば、他はどうでもいい。

貴方が儲からない経済社会なら滅んでも良い。

 

 

もう御分かりだと思うが、何故自分の名刺と自分の領収書が必要かと云うと、

「自分の価格」で仕事を請けなければ、金が儲からないからだ。

 

サラリーマンが儲からないのは、仕事の価格決定権を他の誰かに握られているからだ。

自分のビジネスを持つとは、「価格決定権」を取り戻すと云う事である。

自分で自分の価格を決める。

それが、金を稼ぐ唯一の原理である。

 

 



 

詳細は弊著で紹介中。

 

底辺の人間がゼロから金を稼ぐ方法

 

About the author /


2件のコメント

  1. 匿名

    1250円高いけど買えない価格ではない。そもそも僕はキンドル持ってないのでキンドル買った時に購入を考えときます。

  2. 匿名

    名刺かあ会社が副業禁止じゃなければなあああああ

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。