薬の実験バイトの参加方法



ブログの中で「薬の実験バイト」の話を何度かした事がある。

正式名称は「製薬治験」である。

 

「若い頃、モルモットでした」

と云うのは、話のネタとして万人受けするので、底辺はリアルでも頻繁にその話をする。

 

故に、リアルでもネットでも

「薬の実験バイト」

について質問を受ける。

参加希望者は不景気の所為か多い。

個別での回答が少し億劫になってきたので、エントリーに纏めておく。

 

 

 冗長な説明が面倒な方は下のリンクから。

 

 

ボランティア

 

実態がどうあれ、製薬治験はアルバイトではなく、ボランティアである。

ここが日本である以上、タテマエは徹底されているし、その点は従事者達も徹底している。

絶対に「実験バイト」と云う言葉は使わない事。

関係者が嫌がる単語なので留意して欲しい。

 

 

条件

 

18歳以上であれば、性別・年齢関係なく受けられる。

但し、女性は受けられる治験は相当制限される。

(生理が絡むとフラットなデータが採取されない為)

 

日本国籍の保有者なら志望可能だが、外国人とのハーフの方は受けられない。

刺青を体に入れている方も受けられない。

酒・煙草をやらない方が採用率は高くなる。

大きな病気・怪我はしていない方が採用され易い。

年齢は若いに越した事はない。

 

製薬にはフラットなデータが必要なのだ。

 

 

時間拘束

 

多いのが2泊3日×3等のショートプログラム。

底辺は若い頃、半月で35万のロング治験に参加してとても楽しかった記憶がある。

「働かずに済むなら一生モルモットでいいや!」

と考えていたが、皆考える事は同じらしく、モルモット乞食合戦に敗れた底辺は放浪の旅に出る破目になる。

 

 

 

一攫千金

 

日本は規則が厳しいので、ギャンブル性の高い治験には出会えない。

(命を掛けて大金を得るようなものはない)

フィリピンとかアメリカに行けば色々な意味でフリーダムならしいが、

底辺は日本の競合国にデータを売ってまで金が欲しいとは思わない。

 

 

総括

 

施設が東京周辺に集中しているので、

モルモット乞食は関東人には有利だと底辺は考える。

正直言って、関東に住む貴方が羨ましくて仕方がない。

 

話が脱線した。

 

モルモット乞食は一生出来る作業ではない。

実験動物は消耗品であるからだ。

故に、実験に参加した時はモルモット仲間と仲良くする事を推奨する。

面白い生き方をしている人間が多いからである。

即物的に言い換えると、役に立つ。

 

 

治験関係のエントリーは今回限りである。

あまりブログの本旨と関係がなく、SEO的な観点から鑑みても何のメリットもないからである。

貴方が見事家畜の座を獲得出来る事を祈っている。

 

 

 

 


 


About the author /


2件のコメント

  1. 1000$

    なんか久しぶりにテクニカルな記事でしたね。
    治験のポータルは…もうあるな。

  2. 匿名

    1000$様へ

    皆さん、興味があるらしく、よく尋ねられるので。
    記事化してしまいました。

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。