苦情窓口  ~無限の地平はみな底辺~



ここでは、「無限の地平はみな底辺」及び管理人の「底辺」に対する苦情を受け付ける。

 

メールを通して下さった御意見・御苦情に関しては極力エントリーで反映させているつもりだが、

所詮は底辺のバイアスが掛ってしまう。

その現状に不公平性を感じたので、オープンな苦情置き場を設置する事にした。

 

 

 

通話相談に関する苦情は下記URL内に公開する。

底辺に対する苦情 開示コーナー

 

 

 

Tagged with:     , ,

About the author /


17件のコメント

  1. 匿名

    2ゲット!

  2. teihen

    8:13様へ

    出来れば苦情を書いて頂ければ幸いです。

  3. 匿名

    底辺君みてるー?

  4. teihen

    5:32様へ

    拝見させて頂いております。
    ただ、苦情をここには書き込んで下さるようお願い致します。

  5. ビリオン

    いつも楽しく拝見さして頂いてます。
    差し出がましいことを言わしていただきますが
    底辺さんの考えがあるのは自分のような者にもわかりますが、目安箱のような物はもっと閲覧しやすい場所にあった方がよろしいのはではないでしょうか?

    偉そうに失礼しました。

  6. teihen

    ビリオン様へ

    書き込み感謝致します。
    目安箱=この苦情窓口であると仮定して話を進めますが、
    もう少しアイコンを大きくしてみます。

  7. 匿名

    名無き仙人のブログを知人に紹介したら中々好評を得たのですが、無限の地平は皆底辺を紹介したら作者は中二病ニートだ人を見下しているといわれました。
    底辺様に心当たりがありましたら、「なぜそう思われてしまうのか」について一筆記事を書いていただけませんでしょうか

    ちなみに私は、そう言いそうだとわかった上で紹介しました

  8. teihen

    3:19様へ

    御友人のコメントは的確だと思います。

  9. 匿名

    底辺様、先日は相談を受けていただきありがとうございました。
    短い時間のなかで、商売や私の性格について指摘され、またアドバイスいただき
    感謝しております。ブログの文からきつい感じを想像していたのですが、全くそんなことは
    ありませんでした。ぜひまた相談にのっていただけたらと思います。

  10. 匿名

    苦情というか、ガラケーユーザーに配慮したブログの進め方をしてくれるといいなと思いました。
    具体的には、漫画とか表とか載せるとしても、
    ガラケーだと小さすぎてうまく見えないことがあるから、
    それを読めることが前提で話を進めないほうがいいというか。

    貧乏な人や、家族内で立場弱くて自由にパソコンが使えない人は、自由に使えるネット媒体がガラケーのみ、
    の人もいるかもしれないので。

  11. teihen

    2:48様へ

    返信が大幅に遅れ申し訳ありません。
    御商売の繁盛をお祈りしております。



    7:07様へ

    奇遇ですね。
    私もガラケー組です。

    了解しました。
    以後、イラストや表で解説する場合は、「それを読めない環境の方も居る」と念頭に置くようにします。

    貴重な御意見に感謝しております。

  12. その節はお世話になりました

    ふと思ったのですが底辺さんが「底辺」などというあまりにも侮蔑的、自傷的なハンドルネームを名乗る由来はどこから来たのでしょうか?

    私以外にもこのブログを閲覧したりコンタクトをとったりして「これが底辺なら俺は何なんだよ…」と思っている人の数は決して少なくないと思います。

    差し支えなければ「底辺」を自称する根拠や理由があるのなら、ブログで公開している部分:ブログで伏せている部分の割合が何対何くらいなのかお聞かせいただけないでしょうか?

    抽象的な質問ですみません。

  13. teihen

    その節はお世話になりました様へ


    公開している部分と伏せている部分の比率は1:2位でしょうか?
    ただ、手の内を増やし続けている自負はあるので、今後ますます伏せている部分は多いと思います。



    底辺の意味は色々あって語りきれません。
    ただ、「これが底辺なら俺は何なんだよ…」と感じる方に、底辺の意味を語るとすれば。

    『私は相当社会の底辺を這いずり回って来た(今もですが)し、その頃は誰からも一顧だにされていなかった。
    故に貴方なら、もっと楽な生活に辿りつける可能性はある。』

    と云うニュアンスで説明すると思います。



    タイトルにもありますが。
    『所詮、人間なんてどれも無価値なゴミなのだから、今の不遇を自分の不備であるかのように誤認して必要以上に卑屈になるのは止めようよ』
    と云う呼び掛けでもあります。

    抽象的な回答で申し訳ありません。

  14. TEIHEN

    以前「サラリーマンが所得税をゼロにするマニュアル」を購入してしまい内容の薄さに辟易した者です。

    メルマガ登録解除できない。
    登録解除ボタンを押すと、登録確認メールが届く。
    登録確認メールを押すと、登録完了画面が表示される。
    タイトルも「ニュー速VIP底辺です」って昔のままだし。

  15. teihen

    8:15様へ

    「ニュー速VIP底辺」時代から目を通して下さっている事に感謝致します。
    電子書籍、力不足で申し訳ありません。
    いつか有意義な情報を伝えられるように精進する所存です。

    丁度、この書き込みを下さった頃に一件の解除通知が届いておりました。
    解除されたものであると推測します。

    もしも、どうしても解除が上手く行かないのでしたら、再度御指摘下さい。
    直ちに対処させて頂きます。

  16. ガラケーユーザーに配慮してほしいとコメントした者です

    ガラケーでも色々と見やすいように、
    blogのレイアウトをしてくださって感謝申し上げます!!
    さすがは底辺さん。
    有言実行ですね。

    ところで、
    底辺さんの電子書籍の内容が薄い、少ない、
    という意見がたまにあるようですが、

    二万円の本でそう思ったならさすがに苦情となるかもしれませんけど、

    せいぜい千円前後の書籍の話であれば、

    blogを読ませてもらってる分の料金

    という考え方もあると思います。

    もし、底辺さんのblogやページを読んで、「この人の書いた書籍をお金出しても読みたい」)
    と思ったなら、という前提条件の話ではありますけど。

    自分は、無料で読ませてもらえるのが申し訳なく感じるくらい、
    底辺さんのblogの内容が濃くてためになると思ってます。

    それを、「無料で読めて当然」と考え、
    お金を払う電子書籍なんだからもっと高度な内容を求める

    というのは、

    対価交換の精神に欠けませんか?
    その対価交換の精神の無さが、
    底辺から抜け出せない一因となっている人もいるんじゃないかなあ、

    と、底辺さんへの苦情に対するする
    苦情を述べてみましたm(__)m

  17. teihen

    ガラケーユーザーに配慮してほしいとコメントした者です様へ


    電子書籍に関しての苦情は仕方がないと思います。
    自分でも、そこまで価値があると思ってませんので。

    ただ、「私が色々と手を出して行く過程」が閲覧者の方にとってのヒントになれば嬉しいと思って行動はしております。



    率直に申し上げて、過去に出した書籍は全て陳腐だと思います。
    情報そのものが陳腐化している所為もありますし、私自身が更に知見を広げているからです。
    (今、同じテーマでライフハック書籍を執筆すれば遥かに良い物が書けるでしょう)

    これからも精進し、過去の書籍など微塵の価値も無くせるまでに向上する事を改めて決意しました。



    共に歩みましょう。

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。