楽して貧乏人が金持ちになる3つの方法



 

【楽して金持ちになる3つ方法】

・自営になるかか法人化する。
・金持ちの配偶者を探す
・逆算して広告を出す
 
 
 
それぞれを簡潔に説明していく。
奸悪にも底辺は詳細を電子書籍で販売する癖が付きつつあり、
一部の只見人達から批判を受けているのだが、
この底辺の振る舞いこそが
の一つであるので、参考にしてくれて構わない。
 
(微エロライトノベル・女騎士触手シリーズも結局はライフハックの話になりつつある。)
 
 
「自営になるか法人化する」
よく曲解されるが
起業せよ」
との主旨にあらず。
税法上、社会地位上の話。
 
金持ちになる為には、商売人との付き合いも多少は必要になるけれども、
被雇用者の話を頭から聞いてくれないタイプの商売人は意外に多い。
領収書を渡さない相手には1円もくれない人間もざら。
これらの行動原理を理解するには、結局自分が起業するのが一番早いのだが。
 
まずは、自分で領収書を切れる様になること。
我が国の税法上において領収書は必須なので、
「金は欲しいが領収書は持ってません。」
の人間には誰も金をくれない。
 
 
 
「金持ちの配偶者を探す」
この説明は要らないと思う。
掘り下げると、
当たってる楽な商売をやってる家の子弟を口説く。
でも良い。
この探し方については、底辺が結婚相談所売買に絡んでいた時に体得したので、
機会があれば記事か電子書籍で発表する。
 
 
 
 
「逆算して広告を出す」
底辺の国語力が乏しいので、解り辛いワンフレーズになってしまった。
現代はマルチメディアの発達で、それ以前の時代と比較して広告宣伝が非常に安価に出来るようになった。
そしてその現象は、マスメディアの提示する広告費さえも押し下げてしまった。
底辺は新聞の3行広告を出した事があるが、やはり客が集まらないらしく。
「15行の所を20行で出しますから、継続して頂けませんか?」
などと営業は相当下手に出ていた。
かつてであれば考えられない話(新聞屋の主観)であるらしい。
 
要は誰でも広告を出せる時代になったので、
自分の才覚・資金に応じて出せる広告量や宣伝方法を分析し、
逆算して、その告知方法でも出来る小商いを行え。
と云う事。
 
一見、良い事ずくめに見えるが、
発信力の無い人間は淘汰される時代になった。
と云う事なので、
凡庸凡夫の底辺などは小鹿の様に怯えている。
 
 
以上が、
「楽して貧乏人が金持ちになる3つの方法」
である。
 
底辺は心の底辺から貧富の差を是正する為にこのエントリーを作成したのだが、
どうせ、実行して金を得るのは金持ちばかりで。
肝心の貧乏人は
「全然、楽じゃねーよww」
とか言って実践せずに、貧窮から脱出出来ない事も体験上知っている。
 
 
自助の意思無き者を助けたいと思うのは傲岸であろうか?誤謬であろうか?
それでも底辺は、この世から底辺を一掃したい。
 
 
 
 


 

 
徐々に奇妙な暴言・第五話ッ!!   「俺の名を言ってみろ」
 
 
 
 
 

 

About the author /


3件のコメント

  1. 匿名

    才能はあるが金はない・・・
    そんな奴が自分の広告出したら買ってくれる人はいるだろうか。

  2. 匿名

    >底辺は心の底辺から貧富の差を是正する為にこのエントリーを作成したのだが、
    >どうせ、実行して金を得るのは金持ちばかりで。
    >肝心の貧乏人は
    >「全然、楽じゃねーよww」
    >とか言って実践せずに、貧窮から脱出出来ない事も体験上知っている。


    この辺は耳が痛いな

  3. 匿名

    「全然、楽じゃねーよww 」

    ・・・くそっ 予防線張ってやがる

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。