普通の人が成功する方法    ~【プロパガンダ耐性】が明暗を分けている~


結論

 

貴方の人生が上手く行っていないのだとすれば、それは全て広告・宣伝が及ぼす害悪の所為である。

断言しよう。

プロパガンダ耐性を身に付ければ、普通の人でも普通に成功する。

 

 

 

貧乏や失敗はテレビにハメられている所為

 

 

最初は、アメリカ人の逆をやれば富を蓄積出来るものだと思っていた。

底辺は漠然とそう考えていた。

何故なら、あれだけ裕福な国家の構成員であるにも関わらず、彼らの多くが窮乏していたからである。

 

勿論、この仮説は正しくない。

ゼロから富を築くアメリカ人も存在しているからである。

 

次に、底辺が成功アメリカ人を観察(別に面識がある訳ではないが)して立てた仮説はこうである。

『広告・宣伝は見る者に対する収奪工作であり、それを真に受ける者の人生を滅ぼす』

と。

 

アメリカ人に限らず、成功者はマスメディアの広告にあまり踊らされていないし、その意図を看破しているケースが多い様に思える。

逆に、貧乏人はコマーシャルが好きだ。

 

テレビが推奨する商品を好んで買い、テレビが推奨する仕事やライフスタイルを踏襲する。

友人が推奨する商品を購入する事も多いが、友人関係の質は極めて低い。

 

 

 

体験に基づいて語る愚を犯す

 

この数年を掛けて、多くの人(窮乏者が多い)の相談に乗っているうちに気付いた事がある。

資質に劣っている人が窮乏していたのではなかった。

殆どの人が、恵まれた資質・才能に恵まれているにも関わらず、それを活かせずに沈み込んでいたのである。

(無論、純粋にスペック不足が原因で上手く立ち回れていない人も居た。)

 

それらの人々が持つ共通項は、

『世間で良しとされている価値観以外を知らされていない。』

ことであった。

そして大抵、親や周囲も社会に毒されているケースが多く、マスメディアのプロパガンダをそのまま同調圧力的に本人に刷り込もうとする傾向が強いように見えた。

 

 

別に、『奇を衒え』『天邪鬼になれ』と言っている訳ではない。

 

『世間や世界が貴方に何かを真実だと思わせたがっている時は、

それを信じ込んだ貴方から収奪する事が目的である。』

 

と伝えたいだけなのである。

 

例えば、就職口は無限にある。

にも関わらず、就活生が就職口の無さに苦しむのはリクナビを使っているからである。

リクナビは既存求人の一割以下しか登録していない。

しかも、『リクルート社のノリの営業』に出稿した企業の求人しか掲載されていない。

(勿論、企業は高い広告費を人件費で相殺しようと試みる)

 

では、何故メディアがそこに焦点を絞って就職難を報道しないかと言えば、リクルート社が上得意の広告主だからである。

 

 

 

世の中にはどんなプロパガンダが流れているのか?

 

 

マスコミ4媒体合計の広告費ランキングは、以下の通り。

 

1位:化粧品・トイレタリー(2,955億円)

2位:食品(2,635億円)

3位:情報・通信(2,609億円)

4位:交通・レジャー(2,117億円)

5位:飲料・嗜好品(2,110億円)

6位:流通・小売業(1,937億円)

7位:自動車・関連品(1,728億円)

8位:金融・保険(1,644億円)

9位:薬品・医療用品(1,499億円)

10位:外食・各種サービス(1,450億円)

11位:不動産・住宅設備(1,180億円)

12位:ファッション・アクセサリー(1,138億円)

13位:趣味・スポーツ用品(941億円)

14位:出版(877億円)

15位:教育・医療サービス・宗教(772億円)

16位:家庭用品(724億円)

17位:家電・AV機器(593億円)

18位:案内・その他(367億円)

19位:官公庁・団体(338億円)

20位:精密機器・事務用品(305億円)

 

 

 

 

これらの大金は何に使用されているかと言えば…

貴方に不要物を購入させたり、貴方に無駄な時間を浪費させる為の洗脳宣伝に使われる。

例えば金融業界などは現代三大詐欺の一つだと思うのだが、その不利益性をメディアは中々報じない。

※ちなみに、現代三大詐欺の残り二つは人権と国際主義。  人類三大詐欺は国家・宗教・通貨。

 

 

大金持ち(或いは富裕化に向かっている人)の行動を見ていると、それらの宣伝戦から上手く身を護っている。

本質の見えない人は、その行動を見て『金持ちには変わり者が多いなあ』との的外れな感慨を持つ。

 

多くの普通人は

『社会にとって都合の良い生き方を自分にとっての好都合と混同させられている。』

故に、エネルギーを自身の利益に変換出来ずに窮乏する。

 

 

例えば。

 

「真面目に勉強したのに学問が役に立たない!」

 

と云う人は極めて多い。

だが、貴方が学問だと思い込まされてた物が、左翼大学のシンパ増員工作だった場合、何の役に立つだろうか?

貴方が教授だと思い込んでいた相手が、共産党や総連や民潭の広報係だったとしたら?

不要大学の補助金・助成金獲得手段の一環だったとすれば?

教授はピペット奴隷を探しているだけの上に、誰にも学問の成果やポストを譲る意思がないとすれば?

(今の大学教育は大抵がこのどれかに当て嵌まってる様に見えるのだが… まともな所もあるよね? あるよね?)

 

 

上手く立ち回っている人間は、ここら辺を最初から見極めており、金銭や時間を洗脳される事に浪費していない。

エネルギーを自分の為に使用している。

賢者と愚者の人生が明暗色濃く分かれるのはその為ではないだろうか?

 

 

世界は日々貴方を騙そうとしている。

勿論、貴方の持っているカネや労力を搾取する為である。

貴方の為に真実を語る者は存在しない。

そうした所で一文の得にもならないからである。

 

貴方の御家族は貴方に真実を伝えたいと願っている。

(御家族の不利益にならない範囲で。)

だが、貴方の縁者はマスメディア全盛期の直撃世代である可能性が非常に高い。

恐らく、役に立たないだろう。

 

『役に立たない』

酷い言い草だが、論拠はある。

 

現に若者が貧窮に喘いでいる。

これが論拠である。

今の若者の親世代が仮に賢明であったとしたら、次世代に最適解を伝授している筈なのだ。

(団塊がアホやから、その子供が勝てへんのや)

無論、勝っている家は現状を正確に把握し、時代の攻略法を子弟に伝えている。

勝者家族は決して少数派ではない。

ただ、馬鹿の嫉妬が怖いから口を噤んでいるだけである。

 

 

みんな、賢い。

そして、市場は賢くない人間を喰い物にする事で収益を上げている。

それを踏まえて、冒頭の話に戻る。

 

アメリカの景気は何故恒常的に良いのか?

 

世界中からプロパガンダ耐性に乏しい人間を集めているからである。

更に国家ぐるみで洗脳宣伝を行い、理想の消費者を作り上げている。

3億総購入厨の国家(あそこはどちらかと云うと国と云うより一種の実験装置なのだが)である。

 

で、アメリカの真の金持ち(チップを資産に交換する事に成功した猛者たち)は、当然質素である。

クルーザーも買わないし、離婚率も低く、何より馬鹿とつるまない。

そして、ヘイト対策としての日曜礼拝も欠かさない。

完璧である。

 

 

 

対策 (人生をプロパガンダから護るには)

 

 

『2ちゃんねるを見ろ。』

これが底辺の示す正答である。

 

無論、あの中にも宣伝行為は存在する。

だが、宣伝・広告は(それがゼロサムな性質であればある程)、発言者の母数によって、その正体を精査し分析する事が可能になる。

少なくとも、特定の広告主が自身の利益の為に情報を流すマスメディアを相対化する事が出来るのは、マルチメディアのみである。

 

別に便所の落書きに賢者がひしめいているとまでは言わない。

ただ、あの巨大な分母から生まれる集合知は大したものであるし、何よりあそこに渦巻く嫉妬や憎悪は本物である。

無論、嫉妬や憎悪は力以外の何も生まないが、何かを暴く事に関しては一流である。

 

何より、人間如きの知性が人間様の憎しみを超える筈がない。

人類が叡智など備えている筈もないが、全ての人類は嫉妬と憎悪を完備している。

故にプロパガンダの打破は、ありもしない人類の叡智などではなく、持たざる底辺共の粗探しを主力とするべきなのである。

 

人間は共闘出来ない。

それが夫婦・親子であっても、理性や正義に基づく共闘は極めて困難である。

だが、憎悪や猜疑は共有出来る。

暴動で商店を焼き討ちする時、金持ちを袋叩きにする時。

見ず知らずの下層民同士は奇跡の連携を見せる。

 

プロパガンダから自身を護る唯一の手段は、広告力を持つ者に対しての嫉妬・憎悪を共有する事だけである。

 

憎悪は正しい。

猜疑は正しい。

嫉妬は正しい。

 

もしも、それらの量が不足しているのであれば…

何者かによって貴方のセンサーが無力化されている証拠である。

 

今すぐ、便所の落書きを半年ROMって来る事を推奨する。

 

 


 

About the author /


54件のコメント

  1. Name *

    底辺様は、最近はてな界隈等で散見されるミニマリストについてはどうお考えでしょうか?
    一見消費主義へのカウンターに見えつつ書籍化等による収益化を為す者もあり……
    冒頭のサイレントテロ十訓のようなスローガンも、ミニマリスト界隈で(そのもままでないにせよ)結構目にする気がします。

  2. 多那

    もしかして、中の人変わりましたか?
    正直普通の人向けとしてはちょっとどうかなと思います。
    どちらかと言うと底辺を最底辺におとしめるような記事に感じました。

  3. Y.H

    趣旨には大いに賛同ですが、いくつか前提があるのかと思いました。

    例えば、マスメディアだけでなくマルチメディアも相対的に見る能力が必要だったり、現実では憎悪・猜疑・嫉妬は脱臭しなくてはいけなかったり。
    この辺がないとマイナスにも働く危険性があるのかと…。

    プロパガンダ耐性を強化するためにも、底辺さんが常々おっしゃってるように読書・勤勉が大切かと改めて思いました。

  4. teihen

    10:06様へ

    マルチメディアのみの流行に関しては事象がどうこうではなく、
    その風潮が「誰(どの様な属性の人間)にとって都合が良いか?」に着目するべきだと思います。
    (マスメディア上のものに関しては大抵広告主が見え隠れしているので)

    私はサイレントテロに関しては、「若者の○○離れプロパガンダ」に対するカウンターであると推測しております。
    ※不景気の責任論ですので、実は相当根が深い。



    多那様へ

    今の所、中の人は一貫して同一人物です。
    ただ、私自身が自己変革願望の強い人間なので、論調の変化幅もあるのかも知れませんね。



    Y.H様へ

    仰る通りですね。
    一度機会を作って、『マルチメディア/マスメディアの用法比較』を掘り下げてみたいです。
    (私にその器量がないのが残念ですが)

  5. Name *

    これが世の真理だとしたら、いわゆるスクールカーストの上位にいる(いた)人たちって、ほとんどがプロパガンダに嵌められて貧乏一直線ですかね・・・?
    中学生や高校生って、みんなが好きな歌やファッションをどれだけ取り入れているかで、イケてる度が決まったりするじゃないですか。
    まぁそういう人たちは、大人になってからマイルドヤンキーみたいな生き方があるから、それはそれで幸せなのかなあ。

  6. 幸福賢者

    金融は三大詐欺どころか、ダントツのトップですよ。
    アメリカが裕福なのは、無限に刷れる輸出品(米ドル)で世界の富を収奪しているからです。

    私は長いこと反マスコミをやってますが、正直騙されている方々が羨ましい。
    貴殿が言うほど今の若者が貧窮に喘いでいるとも思えません。
    コマーシャルに吊られている生活でも、当人が楽しければそれでいいのではないでしょうか?

  7. Name *

    いつもありがたく拝読しています。
    しかし、今回の記事は不快だ。

    人権が詐欺かどうか私は知らない。
    しかし、私がこれまで生きてきたのは、
    自分によくしてくれる多くのいい人達のおかげだ。
    その人たちは、難しいリクツはいわないが、「だって同じ人間だろ」という気持ちでよくしてくれた。それがつまりは人権だ。そういういい人達を、方便とはいえ「詐欺に引っかかった愚者」と見なすことは、私はしたくない。
    底辺氏も周囲の善意あればこそ、今までやってこられたのではないか。

    >で、アメリカの真の金持ち(チップを資産に交換する事に成功した猛者たち)は、当然質素である。

    違う。品性下劣で貪欲なトランプは大富豪だ。ポール・アレンが武蔵に対する敬虔な態度で名声を得たのも、自身がクルーザーを所有していたればこそだ。

    トランプは真打を直前まで温存するための弾よけ・ヨゴレ説は今は措くし、クルーザーには無論、単なる比喩以上の意味はないのだろう。
    さらに、底辺論法のミソとして、きちんと「真の」金持ちと言及しており、何がどう「真」か底辺氏の恣意で決まる構造になっているのは、入念だと思う。

    でも、いくら入念であっても底辺氏のいうことは事実ではない。
    底辺氏にはこの種の、途中経過を都合よく捨象して、前提と結果のみ突きつけ、弱者を無言で「晒す」記事が多い。そこでは何気ない言動までもが、勝手に「愚者の証」という属性を背負わされる。
    インパクト抜群の底辺論法だが、これは「黒人は白人に比べて知能が低い」と同類の乱暴なやり方だと感じる。

    底辺氏の透徹した見識は、底辺氏の美点だと私は掛け値なしに思う。
    ただ、きちんと包摂されて育った人間は、自身の拠って立つ大地が崩壊するなど夢にも思わない。そして、そのおめでたさ・お馬鹿さゆえに幸せに生きていけたりするものだ。
    透徹している人間は、したい、したくないの次元でなく、せざるを得ないのだろうと、私は感じている。

    底辺氏の提示する、透徹した世界観はとても魅力的だ。
    でも、今回は煽りがきつく、
    私は不快に感じたので、率直に感想を述べた。

    無礼なことを申し上げました。大変失礼致しました。

  8. Name *

    3の方へ

    たぶん、あなたによくしてくれた人が
    詐欺に引っ掛かった人たち
    というよりも
    「どこまでの範囲を同じ人間と見なすか」
    という話なんじゃないかと思います。

    いいかえれば、
    「全ての人間を平等に、自分の仲間として扱うという価値観を理想として掲げるのは幻想にすぎない」ということなんじゃないか、と。。。

    たしか、底辺さんの女騎士のラノベにも
    異民族を人間と見なすかどうか
    というテーマが盛り込まれていたような。

    多くの人間は「自分と同じ人間」と見なした相手には善意をかけるので、
    あなたに善意をくれた方々にとっては、あなたは「同じ人間」とみなされていた、ということなのでしょう。
    ただ、その方々が、あなた以外の全ての人にたいし、あなたに対するのと同じように善意をかけるかはわからないかなと考えました。例えば、「●●人は嫌い」とかあるかもしれませんよね。

  9. 上の続きですが

    ごめんなさい、3の方でなく、4の方へでした、失礼しました!!

    あるいは、人権が詐欺、というのは、
    人間の善意がどうのこうののベクトルの話ではなくて、

    単純に、誰かがお金を楽にたくさん稼いだら、

    そのぶんの皺寄せが貧しい労働者や情報弱者に回ってくる、

    というような意味なのかしら?

  10. Name *

    底辺氏の意見に同意します。
    金融、人権、国際主義はすべて現富裕層の収奪を容易にする装置です。

    私なりの理解でいえば、以下のとおり。
    金融は現富裕層が胴元となってお金のルールを定めるところ、
    人権は普通選挙制と相まって、現富裕層優遇政策を支持させるためのガス抜き、
    国際主義は比較優位の原理と相まって、富を富裕層に集積するための下地

    また、人権も国際主義も一定の「均質性」を前提にしています。
    ところが、実のところ誰もどこも均質なんてない。
    そこを強引に、親切にしてくれる人も害をなす人も十把一絡げに「人」という概念ででくくる、それが人権であり、国際主義です。

    若者は、大半が使い捨てられますが、
    中でも彼らの「装置」をメンテナンスしてくれる人間
    (要は富裕層らと同資質の人間)
    は、後継者として選ばれ、新たな富裕層とそれを支えるものになる。

    メンテナンス側の人間でないのなら、うまく立ち回るしかない。
    映画「マトリックス」と同じですね。

  11. Y.H

    >11/18 11:00様
    横やりで失礼しますが、「人権」の解釈だけ少し。


    多分ですが、底辺さんはもっと狭い意味で、人権を指していると思います。

    詳しくないので定義等は避けますが、隣の人が良い人なのは人権とあまり関係ないのではないでしょうか?

    もちろん、人権に懐疑的な僕も良い人にたくさんお世話になって生きてると感じています。思想・信条が違っても良い人も沢山いました。

    文章から人権否定=人間否定と捉えられている様だったので、気になっての発言でした。

    荒らす様な行為&見当違いのコメントだったらスミマセン。

  12. teihen

    8:53様へ

    >スクールカーストの上位にいる人

    人間は群生生物なので群れの上位ヒエラルキーを占めれる時点で、その人は能力があるのです。
    その人達同士でプロパガンダ耐性を比較しても面白いと思います。

    全員がプロパガンダに嵌っている世界であれば、結局声の大きな人間が相対的に幸福になれると思います。




    幸福賢者様へ

    一度、金融をテーマにしたショートショートを書きたいと思ってるんです。

    国の資産を持ち逃げした裏切者が、『金』貨を『融』かして横領の痕跡を隠蔽する話。




    11:00様へ

    いえ、無礼などとは感じませんでした。
    とても正当な感想だと思います。
    何より、私自身が不快を堪えて執筆しているので、批判して頂けると救われた気持ちになります。

    近年の詐欺師や工作者は宗教や国家よりも「人権」と云う看板を多用します。
    賛同を強いるつもりはありません。
    ただ、私が今書いた「意見」を頭の片隅に留めておいて欲しいのです。

    貴方の大切な隣人を護る為にも。




    12:21様へ

    女騎士でもプロパガンダ戦争を描いたつもりです。
    (私の技量不足で描ききれておりませんが)

    少し後出しで補足させて頂くと。
    搾取は国家・宗教・通貨をツールとして行われがちです。
    現代では、グローバリズムと金融システム、そして人権運動が新たに使用されるようになりました。

    それらが人民個々の福利や社会の保全に使用されているうちは問題はないのです。
    ですが、大義名分が人民個々の生活を圧殺する為に使われがちです。

    この現状を打破するには、一人一人のプロパガンダ耐性を高める以外にないのではないか、と考えております。
    そして、その鍵はIT革命によって、集合知の使用コストが激減した事にあるのではないでしょうか。

    誰にとっても未知の分野です。
    だからこそ、一つでも多くの仮説を提示したいと思っております。



    9:02様へ

    私の目には現在の国際金融が相互脱税協定にしか見えないのです。
    早い話が権力者が人民から収奪した富を「国際金融制度」に貯金する為のシステムですね。
    このシステムを放置していれば、ますます為政者は自身の責務を忘れ収奪に走るでしょう。

    この悪循環を打倒する為には最低でも、現在の社会構造の悪用されている部分を被収奪者である人民個々が認識しなければなりません。
    私はその第一歩として【プロパガンダ打破】の概念普及を提唱します。




    Y.H様へ

    いえ、荒しなどとんでもありません。
    貴方のコメントにはいつも感謝しております。

    私は、今襲い掛かって来ている敵や犯罪者の「人権」を殊更に強調し、防衛力を削ごうとする者の排除を提唱しております。
    凶賊乱子に無辜の良民と同等の権利を与えようと画策する事は、社会への攻撃以外の何者でもありません。

  13. q

    収奪に特化したシステムは滅びるというのが底辺さんの持論だったと思います。
    僕は、植物のような、他者に分け与えてもなお存続できるシステムを美しいと感じます。
    優しさがもつ強さについて知りたいです。

  14. Name *

    >見ず知らずの下層民同士は奇跡の連携を見せる。
    なんJのHくん(コテ名Y神T一)とその家族、弁護士に対する嫌がらせがまさにそれですね。
    毎日のように嫌がらせを受けている彼らが不憫でなりません。

    プロパガンダ対策とはは話がズレてしまうんですが、Hくん達はどうすれば救われるんでしょうか。
    私はHくんがはっきりとした形で丁寧に謝罪する以外に方法はないと思っています。

  15. Name *

    すみません。途中送信してしまいました。

    謝罪をすれば、嫌がらせをしている者達の大義名分がなくなるので、
    あとは時間が経てば風化すると思います。

  16. Name *

    今回の記事の「他人と同じ情報入手や同じ行動をとっていれば成功できない、搾取される」という概念には賛同いたします。

    ただ、2ちゃんなどのネット情報が成功へのルートというのはいささか異論があります。
    理由は簡単で、
    「2ちゃんなどのネット世代の氷河期世代が他のネットを見ない世代に比べて成功していない」
    からです。

    ネットを見ていない上の世代や、下のスマフォ世代の方がよっぽど実際の人脈形成やナマの情報を入手して、
    人生を謳歌していますが、ネット世代はいっぱしの情報通を気取っていますが行動力は低く、
    その結果、人生に失敗しています。

    さらに、嫌韓など愛国心が強く(これは正しいことですが)、これらの情報源はネットが主ですが、
    これは必然的に搾取者(グローバリズムや今風に言えば国内の上級国民)の、
    都合の良いように誘導されています。
    具体的には、今の小泉意向の新自由主義路線を支持したのもこの世代ですし、
    他の世代に比べて、愛国心の強さから新自由主義の自民党を支持(他の政党は反日ということを加味しても)しているため、
    格差問題や労働問題という「国内の上下関係」に鈍感(ここ数年は反動しているようですが)で、
    結果としてネットという媒体によって、リアルに各個分断されて、他の世代のように、
    連帯が出来ず、それがロビー活動の結果(団塊の労働運動や、最近の世代のSEALDsなどとの比較)として棄民化しています。

    ネット情報は所詮、情報発信者には有利なシステムですが、情報消費者にとっては、有害であると思います。

  17. Y

    2ちゃんねるをROMるのも良い方法だと思いますが、使い方が難しいのではないでしょうか。あるプロパガンダへのカウンターが出来ても、別のプロパガンダに乗せられてしまいそうな気がします。印象論で申し訳ないですが。

    これに対して、より安全で即効性があり、応用の効く方法は広告屋の手口を知ることではないでしょうか?「プロパガンダ」とそのものズバリなタイトルの良書もありますし、人間の集団心理に関する書籍も大量に出版されていて大変参考になります。

    しかし、ここまで書いといてなんですが、手口を知っていても激しいプロパガンダ攻勢に対して無力な場合があるのでしょうね。そんなときは本記事の趣旨通り、嫉妬、憎悪、猜疑といった人間が持つ最も強い感情に頼るのが良いと思います。

  18. 多那

    底辺さん以外の方も搾取搾取言っててすごく後ろ向きな発言が多いけど、一体何を搾取されたと思うのでしょうか?
    年貢が高いとかは分からんでもないですけど、金融業?広告業?自分にとって価値がないサービスなら利用しなければ良いだけの気がします。対価を払って利用する価値があるかないかそれだけの話ですから。
    極端な話原価1000円の絵を1000万円で売ることは正義です。売れる限りは。売買契約が成り立つ限りその人にとってはその絵を1000万円分の金銭とトレードしても良い価値があるのですから。それを外野がぼったくりだの詐欺だの搾取だの言うのは野暮と言うものですよ。

    私にはコマーシャル見て製品を買った人に対して「お前は騙されている、搾取なんだ!」って言ってるようにしか見えないんですよね。
    私は「そんなのそいつのかってだろ」と思うのですが。

  19. Name *

    Q様へ

    ゼロサム志向のプレイヤーと協調志向のプレイヤーが対戦した場合、双方の過程が公開されればされる程後者が有利になります。
    (中立者・ギャラリーが前者を警戒し後者を応援するようになるので。)

    優しさ(協調志向)が持つ強さとは、悪意に対峙するシンボル性なのではないでしょうか?



    7:46様へ

    K沢弁護士の件でしょうか?
    まずはH氏・K沢氏が不特定多数に対する発信を停止する事が最善手ではないでしょうか?
    このケースは、【不特定多数に対する攻撃】VS【不特定多数からの反撃】の構図が根底にあるので。



    11:23様へ

    趣旨理解出来ます。
    ただ、今後の長いスパンでの話になりますが。

    情報・意見の洪水から法則や傾向を抽出しようと試みる体験はサバイバルに必要不可欠となるでしょう。

    最終的に、スマホ世代とネット世代(年齢はあまり関係ない)の長所を掛け合わせて、前向きなスタンスが生まれれば良いと願っております。



    Y様へ

    >広告屋の手口を知る

    これは賛成です。
    広告屋の手口を暴露する広告の出し方を考えておきますね。



    4:21様へ

    例えば、「中国共産党は正義の軍隊である」と云う悪意に満ち溢れたプロパガンダが世界各国で流されております。
    (数十年前は本当に酷かった)

    その広告を真に受けた人々が中共政府を応援し、結果惨禍が広がり続けております。
    (チベット・ウイグルでの虐殺・周辺領土の侵略など)

    広告主とその商品が公開されているコマーシャルであれば、まだ可愛いものですが。

    今、世界に氾濫している「広告」は意図を隠蔽した悪質なプロパガンダがあまりに多いです。
    我々は、それを看破し周知し合わざるを得ないのです。

  20. 1000$

    「サモン!ゲッベルス!」(電○の言葉で、御機嫌よう。の意)

    三大詐欺の意味するところは、
    ツール・システムの悪用であります。
    悪用する者は建前であれ、その趣旨に傷をつけた下手人として
    吊るされることを平民は期待しております。

    嫉妬猜疑といったヘイトパワーは、
    その対象を粗探しし
    広場で縄を垂らすでしょう。

    底辺氏が真に警鐘を鳴らしたるは、
    システムが作動することによる
    価値観への刷込みにあると思います。

    2ちゃんをROMれ。との主張についてですが
    配慮無きストレートな思考の元気玉みたいなもんですから
    成る程、膨大な力があります。

    ここにおいて、考慮したいのは
    2ちゃんもまた、価値観へ作用するツール・システムである。
    ということです。

    コントロールできるなら良いのですが、
    これもまた、無意識へアクセスし、
    利用者を取り込まんと作用します。
    元気玉は、撃つ、撃たれる、元気を供給する。
    これが本来のところであるのに、
    元気玉になってしまうことに危惧するところです。

    (覗いた深淵「御機嫌よう」)

    三大詐欺に加え、草の根プロパガンダで踊るほど、
    我々の足に余裕があるとは思えません。

    これらを踏まえ、
    成功するプロパガンダ耐性
    なるものを検討しますと

    システム作動による価値観の影響に対し、
    排除するなり受容するなり、
    意識して対処することです。

    特に。意識して受取情報に対して
    なぜ?を問いかけることです。

    その他ミニマリストとして
    情報ダイエットを行うのはいかがでしょうか。

  21. Peprat

    お金を儲ける方法で検索して、このブログに辿り着きました。
    このコメントも1つづづ読んで、勉強していたのですが、レベル高すぎです。途中でギブアップしました。
    なので、全部コメント読んでないんですが、
    言いたいことを言いたい気分なので、
    自分勝手ではありますが、コメントデビューします。

    【時代背景もあるんでは?】
    私の父は、生涯で一番高い買い物、つまり家や車を、会社にローンで買わされたそうです。
    それでバブルがはじけて、損をしました。
    今は、転職が当たり前で、そういう圧力が会社からないのはいいですね。
    また公共の交通機関がすでに発達して、都会に住んでいるので、車を買う必要はありません。

    【お金を持たないと分からないこと】
    お金を持っちゃうと、買い物に対する意識ってかわりませんか?自由に使えるお金があると、人間って変わっちゃうと思うのです。
    そういう意味では、貧乏人が一番幸せですよ。
    買い物での失敗がないですから。

  22. Name *

    >Pepratさんへ

    時代背景もそうですし、「会社からの圧力」であれば、現代でも小売業ではありますね。
    家や車よりは金額は小さいですけど、
    百貨店勤務で服を買えとか、お中元を買えとか。
    (塵も積もればそれなりの金額になる)

    保険業に勤務であれば、自分や身内を加入させなくてはいけないような雰囲気だったりとか。

    会社からの同調圧力、怖いですよね。
    それで損をさせられたお父様はお気の毒だと思います。

    でも、
    >貧乏人が幸せ

    というのはあまり賛同できないかな。。。

    と、いうのは、貧乏人は色々と環境が制限されてしまうからです。
    市営住宅にしか住めない貧乏人は、隣人がしょっちゅう
    「お金かしてくれ」といってきたり
    騒音に悩まされていたり、
    子供がいじめられていたりしても、
    そこから気軽に引っ越すことができないでしょう?

    会社で酷いパワハラやセクハラや過労状態で精神的に追い詰められててもも、貯金がなかったらなかなか仕事をやめられないでしょう?

    極端な話、末期癌でターミナルケアを受けたくても、金のあるなしで受けられる医療の質が違っちゃうんですよ。
    ホスピス入るにも金が必要。
    ホスピス入れば、モルヒネをがんがんうってもらえて、末期癌の痛みが比較的少なくてすむそうです(そのかわり余命は縮みますが)

    さらに裏技として、スイスなど安楽死を認めている国にいくという手段もとれるかもしれない。

    地獄の沙汰も金次第です。
    家族が苦しんでるときも、お金があれば救ってやれる範囲が広がると思います。

  23. 続きです

    ちょっと気になって、ホスピスのページをみてきたんですが、
    わたしが思ってたよりはお金かからなさそうかな。
    医療行為に対しては、高額療養費の対象になりますしね。
    差額ベッド代がホスピスによってちがう?
    かならずしも差額ベッド代がかかるというわけでもないようですね。
    なんにせよ、仕事をしないで医療費がかかる状態で最期を迎えることになって、
    なおかつ家族にもにもお金の苦労をかけさせないためには

    リビング・ニーズ特約付(余命半年と診断されると死亡保険金と同額のお金が降りる)の生命保険に入っておいてよかったなと思いました。

    庶民でも、最低限必要なお金に困らない対策はしておきたいですね。

    個人的に、2ちゃんねるの「生活」カテゴリーの
    ドケチ板オススメです。

    あそこは、社会的に成功した人がいるというよりも

    さほど所得は多くないのに金を貯めることに成功してる人

    が多いという印象をうけます。
    (もちろん、年収が七百万~一千万クラスの人もいますけど、収入にかかわらず節約大好きな性分の人たちなんですね)

  24. Name *

    >>2ちゃんねるを見ろ

    禿同

    と言いたいところですが、2ちゃんねるまとめを日がな毎日見ているのですが、何というか根深いものであるほど心がぐらつきます。
    皆が皆自身の人生で途方もない年月をかけて築き上げてきた鉄壁にして無敵の「常識」を文字という弾丸に乗せてショットガンのように当たり一面にぶちまけ合っているような。

    2ちゃんねるは実に素晴らしい情報収集ツールですが、あれはミイラ取りでなくとも容易に当たり一面ミイラの山にしてしまう一面もあると思います。
    とか言いつつまとめサイトはいい記事があると身内や理解ある友人に回しているのですが…

    すまんな
    ええんやで
    さえも最近ちらほらと、
    (超優秀高学歴高収入彼女とっかえひっかえで)すまんな
    (ワイ引き歴20年)ええんやで
    のようなマウンティグ用途に使われている場面を見かけます。

    すまんな

  25. Peprat

    >4:56さんへ

    >会社からの同調圧力、怖いですよね。
    それで損をさせられたお父様はお気の毒だと思います。

    ありがとうございます。
    でも、面白いのは、
    家のローンでは損したんですが、
    その企業の取締役になってそれ以上のお金稼いでいるんで
    彼にとっては、1つの「投資」だったのかもしれません。

    そういう圧力には反発し、
    騙されないぜ!と喜んでも、
    上司にも可愛がられず、結局出世できず、
    一生じり銭かもです。

    >金のあるなしで受けられる医療の質が違っちゃうんですよ。

    お金が大事だ、大事だって主張する人は好きじゃないです。
    そういう価値観を持っている人が多いですが、
    好きになれません。

    お金があったらできること、よりも、
    お金があってもできないこと、のほうが
    世の中多いですよ。

    例えば、【いい死に方】は、金では絶対買えないだろう。

  26. 4時56分

    Pepratさんへ

    お金があってもできないこと
    があるのは否定しないですが、

    それは、まず、
    「お金がある状態」
    を経験してはじめて言えることですよね。

    飢えている人にたいし
    「人はパンのみで生きるのにあらず」
    とお腹一杯食べてる人が説いても説得力がありません。

    食べ物は必要なんです。


    たぶん、育った環境や
    家族の状況などの
    前提条件が違うと
    色々と周囲と話が噛み合わないことも出てくるのでしょうね。

    全ての人を好きになる義務はないし、
    全ての人に好かれる義務もないし、
    わかりあえるとも思えない。
    私の親は60過ぎて老体にムチウって介護の仕事をしないと生活できない。
    会社の取締役の給料何分の1でしょうね?
    わたしがもっと稼げれば、親は無理して働かなくてもいいのに、私は自分が情けない。

    これ以上ここで議論を重ねて底辺さんや皆さんに迷惑をかけたくもないし、
    週末に予定ももあるから、
    私はこれで消えますね。

  27. Name *

    いい死に方
    についてですが、
    何を前提条件にしているのかわかりませんけど、

    金があれば、最期にいきたかったところに旅行できるかもしれませんよね?

    もちろん、健康状態と相談しながらにはなりますけど

    もしくは、
    在宅で看取られながら死にたい
    場合、
    自宅に看護師を呼んで医療機材を持ち込むやり方にもお金かかりますね。

    家族にも、経済的な心配なくそこだけはゆとりのある気持ちでみとってほしいです。

    。。。それにしても、
    金が大事
    とみとめてないんだったら、
    どうして、儲け方を検索しようとしてここにたどりついたのかわかりませんね。

    それでは、失礼します。

  28. teihen

    1000$様へ

    20世紀は大資本・大組織同士の嘘吐き合戦の時代でした。
    民衆は「どの嘘に騙されるか?」しか選択肢が無かったと思います。

    現在、ようやく対抗手段っぽいものを身に付けつつあります。
    足に余裕がないのは仕方ありませんが、幾つかの暴露成功例を後世に遺す事により悪質プロパガンダを減少させたいものです。

    私はフジデモ顛末を後世に語り継ごうと思ってます。



    PEPRAT様

    はじめまして。
    このサイトが貴方の富裕化に貢献出来る事を祈っております。

    拝金主義に反発するお気持ちは理解出来ます。
    だからこそ、真剣に資産を増やす方法を模索して下さい。
    憎む物に屈さずに済むように。



    4:56様へ

    書き込みありがとうございました。

    >貧乏人は色々と環境が制限されてしまうからです

    私もこの考え方に賛成です。
    恒産のみが恒心を産む筈なので。

    私も、近しい人に迷惑を掛けないようにお金を頑張って貯めるつもりです。



    5:44様へ

    私はマウンティングに使われていても問題は少ないと思います。
    (寧ろ、バーチャルで発散させてリアルの平衡を保ってくれると望ましい)

    どのみち、人間はそういう生き物ですので。
    剥き出しの本音(それでも殆どの参加者がオブラートに包んでる)を見ておくに越したことはないのではないか、と思います。

    私は、これからも剥き出しの汚い本音に触れて、かさぶたを強化していく所存です。


    ええんやで。

  29. 鷹九

    うまいポストにいるならばよしですが、まあよくもこんなに大変な世の中になっているものです。

    国民もまた馬鹿ではないので感じているはずです。

    技術の進歩により仕事は減り。
    景気も良くはなく。
    良くなったとしてもあまり還元は望めず。
    それでいて収入の安定度は堅い職種にほぼ限られ。
    コネに恵まれればまだしも。
    技能があるならばまだしも。
    あっても状況によっては擦り切れるまで使われ。
    自活するにもその手段も具体的には見出せない。

    どうしたもんでしょうか…。

  30. teihen

    鷹九様へ

    生き残りの手段についでですが。
    一つは、家族・一族の再結集です。
    ただ、それが出来ていないのは、世代間ギャップ・個人間ギャップで持つ者と持たざる者に分かれているからでしょう。

    また、自分のビジネスを保有する事が、脱出の道です。
    労働人口がここまで激増してしまっては、そしてここまで省力化が進んでしまっては、労働者の需要は当面回復する事はないでしょう。
    ですので、小さくても良いので自身の資本を育てる事を中期目標にして下さい。

  31. Name *

    ふと思ったのですが底辺さんは反出生主義についてどうお考えですか?
    加えてこのブログには結婚や子育てに関する質問は来るのでしょうか?来るとしたらどういった系統のものでしょうか?

    地べた這いつくばって生きているうちに何故か自分の番が回ってきてしまったようでふと気になりました。
    無粋な質問で恐縮ですがお答えいただけると幸いです。

  32. teihen

    12:22様へ

    このブログはお金や仕事の話がメインです。
    結婚や子育てに関しては、「聞かれれば所見を披露する」と云うスタンスですね。

    >反出生主義

    この思想を振りまいている黒幕は絶対に2人以上の子供を作ってますよ。
    タイでのニューハーフブームブーム・プロパガンダの裏で華僑が子供を作り続けているように。

  33. Name *

    反出生主義というほど大袈裟なものじゃないけど、
    生まれたらいつか死ななきゃいけない、
    つまり、
    子供を作るってことは
    子供に死を与えてしまうということ
    だから、
    作らなくて正解なんじゃないかなー
    何て考えてる今日この頃。
    ブログの主旨とはずしていてごめんなさい。

    それに、自分が死んだあと、もし子供が結婚もしてなくて天涯孤独でホームレスになっていたらと考えると恐ろしくて。
    血縁を絶たれても仕事や人間関係に不自由しないだけの
    コミュ力のある人間に育ててやれる自信がないから。

  34. teihen

    世界に騙されないで下さい。

    真人間面をしている人間にも、大した価値はありませんし、大した事は出来ていません。

    あなたは胸を張って誰かを好きになり、堂々と幸せになって下さい。

    命は等しく無価値です。

    従って、万が一貴方に価値が無かったとしても、それを理由に貴方が引け目を感じる必要はありません。

    子育てにどうしても自信がなければ、私がいつでも相談に乗ります。

    せめて、貴方は貴方を祝福して下さい。

    幸福になろうとする事、人間の責務はそれだけです。

    幸せになって下さい。

    応援しております。

  35. Name *

    あなたのご意見 *

  36. smoto

    興味深く読ませて頂きました。

    電通の十訓はなるほどなあと思いました。
    提供者、供給側、仕掛ける側からすれば
    こういう方向に持っていけば儲かりそうです。

    確かに2ちゃんねるには暴く力があると思いました。

    が、いちいちスレッドやレスを精査するのも面倒ですし、
    まとめサイトは簡単に要点を知ることができますが、
    まとめサイトの管理者の意図が入ってくるので
    それも勘案して情報を取捨選択する必要があると思いました。

    「結婚指輪は給料3ヶ月のダイヤの指輪を買うべき」
    「2月14日は男性にチョコレートをプレゼント」
    など、仕掛ける側が儲かるためのメッセージが世にははびこっていて、
    しかもそれが一端の価値観として受け入れられてしまっていることは
    プロパガンダでもあり仕掛ける側の巧妙さも感じます。

    当たり前の価値観に疑問をもち、
    それによって得する人は誰なのかを考え、
    自分の軸やどうすれば幸福になれるかを思案するのが大事だと思いました。

  37. 2015年11月18日 AT 11:00 PM

    底辺様、私に言及くださった皆様方

    11:00 PMです。私の考えを述べます。

    人権否定は人間否定と同義だと私は考える。結果的に、自身が人権概念の恩恵にどれほど守られ、そのおかげで今があるか、ということに無自覚で謙虚な感謝なく、
    マイナス面だけ取り上げ、詐欺だとするありようはまずいと、直感的に感じた。
    隣人の比喩は些か強引であり人権と直結はしないが、感謝に乏しい人間は恩寵を失う。

    われわれは現在、気楽に「新自由主義が」「小泉が」と口にし、
    万民が閲覧可能なネットにも平気で書き込む。
    権力者を呼び捨てで批判する事象は底辺氏も記事化していたが、
    それだけで、秘密警察が深夜家に遊びに来ることはない。
    現代日本では当然とされるこの状況(達成の過程で、過去膨大な量の血が流れた)は、
    歴史的に稀有で、これは権力者が(不本意でも)人民個々の人間性でなく、
    人権を尊重する雅量をもっているからだ。

    人権はうさんくさく感じて当然だが、
    強者と弱者が無制約で競った場合、強者が圧勝する。
    人権、国家、宗教、金融、法律と、いずれも強者ほど抜け道を熟知しているが、
    それでもなお、制約の存在は弱者に相対的に有利だ。
    英米の身勝手によるワシントン・ロンドン両海軍軍縮条約は、
    日本封じ込めを意図としながら、結果的には英米自身の手足を縛る日本の僥倖だった。
    そしてそれを最も理解せず、「英米のうさんくささ」を声高に唱え、状況を破綻に追い込んだのが、最大の受益者たる日本の右翼だったという悲喜劇。

    また、原価1000円の絵を1000万円で売ることが正義なのは、よい。

    児童虐待の被害者→低劣な親の元に生まれた本人が悪い
    テロ被害者→不審者の凶弾の射程内にいた本人の危機管理能力の低さが悪い

    上記を、運命愛的な態度でそのまま受容するのならそれでよい。容喙は野暮。
    現に起こっているのだから、世の中で起きていることは全て正しい。

    極論に見えても、絵の売買と児童虐待には、本質的な差異はない。
    戦では、「相手は、己が阻止できない行動を除く、あらゆる選択肢がすべて実行可能」
    かつ「相手の最も嫌がることを行うのが正義」で、ここは娑婆という名の戦場だ。

    ただ、それでも見ず知らずの児童虐待の悲惨さに何かひっかかるなら、
    それはどこかで人権意識がうずくからだ(自身の存在基盤も危殆に瀕したことを意識下で察知している)。

    私は、人権は、近代に入り突如捏造された人工的概念でなく、
    四端の心のような形で太古より伏流水として存在し、
    近年湧き出て具現化したと考えている。

    世に画然と「凶賊乱子」「無辜の良民」の2種がいるとは思わない。
    同一人の心中に「凶賊乱子」「無辜の良民」が共存しているのが実相と考える。

    「自分は、それでもなお、生き、幸福たるに値する」
    底辺氏が幾多の記事で語っていることの本質は、終極的にこの一点に収斂すると、
    私は勝手に感じている。そして、私も心より賛同する。

    強者の自己肯定は容易い。
    富を持ち、徳を備え、知性を有し、人脈を擁す。ゆえに一層隆盛する。
    真に傑出した一部のエリートを除き、自己の存在意義を疑うほうが困難だ。

    翻って弱者はどうか。
    銭に乏しく、品を欠き、真理に昏く、良縁に遠い。ゆえに一層困窮する。
    外部評価に依拠した形での自己肯定は困難だ。

    金なくコネなく才なく徳ない、全てを欠いた徒手空拳の人間が、虐遇に屈せず、
    草莽より立ち上がる際、自分の内側から聞こえてくる、
    「雑魚が人間らしい生活など、おこがましい」「分不相応な我儘だ」という、
    極めてまっとうで正しい自責の声を乗り越え、臆せず幸福をつかむには、
    「ただただ、自身が生まれ、今、生きていること」そのものを価値・根拠にするしかない。
    それが私にとっての人権の本質で、迂遠なようでも人間=人権という認識の根拠はそこにある。

    底辺氏が、自身の浅学非才、無能不徳を誰より真摯に痛感しながら、
    それでもなお、蒙昧鈍愚な蟷螂の斧を振りかざすのをやめないのは、何ゆえか。
    それは、他者との価値比較地獄から抜け出し、「命は等しく無価値」という
    透徹した真理に達したからだ。底辺氏ほどの賢才をもってすら、そうなのだ。
    ましてそこらの俗物をや。


    詐欺師・犯罪者に人権を与えるのは危険だ。増長し、詐術を弄するから。その通り。
    ただ、「お前は価値を社会に提供できているか?不要物淘汰すべし」と
    その矛先が自身に向けられたとき、どうなるのか。
    価値で山中の賊を裁いた自身の刃は、いくら意識上で自分を甘やかしてみても、
    遠からず心中の賊=自身の無能さを断罪する。
    馬鹿と鋏は使いよう?制度のよき面の有効活用?大いによし。
    ただ、そんな気の利いた立ち回りができないからこそ、底辺は底辺ではないか。

    ゆえに、弱者であればあるほど、人権を粗末にするのは損だし、正しくない。
    そのうさんくささは、価値なき弱者の存在すら肯定し、包摂する、寛容さの一側面であり、最後の、究極の護符・アジールだからだ。

    そう、私は考えます。無礼な極論です。

    私は凶賊乱子です。他人様の庭にて主の許可なく勝手に暴れるのは無礼です。
    賊の最低限の節度として、私が本エントリにコメントを書くのは、これが最後です。

    私は、底辺氏は勿論、コメントくださった皆様方にも横レス失礼などとは思いません。
    こちらこそ、申し訳なさとともに感謝しております。

    末筆ながら、底辺氏と、本エントリにおられるすべての方々のご多幸を
    祈念申し上げます。

  38. 山中 一人

    11/18 11:00様とのやり取りを見て、如何に人権が詐欺師にとって最強の武器になるのかがリアルに分かります。
    これだけ底辺氏が噛み砕いて回答し、また周りの方も柔らかく勘違いを指摘してるにも関わらず、全く元に戻ってる訳ですから。

    今回は、2ちゃんねるを見ろ。とか字面だけ見れば誤解されるのも止むを得ないエントリーでしたからね。

    自分も各コメへの底辺氏の丁寧な回答にて、その真意が解った位でしたので。

    横脱線コメすみません。

  39. teihen

    SMOTO様へ

    実は貴方のコメント中に答えは既に書かれていて。

    >精査するのも面倒ですし
    >勘案して情報を取捨選択する必要がある

    自力で精査し、自力で取捨選択する事が勝利への道です。
    それを面倒がると、悪意あるプロパガンダに侵食されます。

    これが私が伝えたかった事です。



    11:00様・山中一人様へ

    意図が上手く伝達出来ないのは、執筆者である私の力不足です。
    山中様が仰る通り、大義名分を詐欺師に渡さない為には一人一人が賢明である他ありません。

    神を語る者が神ではないように。
    人権を騙る者が人道家なのではありません。

    悪意は必ず大義名分をかざして襲ってきます。
    敵は必ず良民を尖兵に仕立てて攻めて来ます。

  40. TOMIN

    始めて書き込みをさせて頂きます。

    すごいコメントの数なので自分も便乗します。
    勝手な想像話です。
    勉強不足な所もありますが、先に謝罪させて頂きます。

    2chを見ろといった本ブログ記事に対して反論する方もいれば賛成する方もいるかもしれませんが、個人的には反論する方の年齢層を知りたいところです。
    自分の前提では

    団塊世代→団塊Jr(バブル)世代→氷河期世代→ゆとり世代→脱ゆとり(さとり)世代(今ココ)
    と言う風に世代を区切って考えます。(区切ること自体が好きではないですが、分かりやすくします)
    自分の予想ですが大方氷河期世代より前の世代の方々が反対されるのかなぁと思います。(理由は問わない)
    なぜなら、プロパガンダを前提に生きてきた世代だからだと思います。彼らにとって前提が崩れる恐怖は堪え難きものがありますから。

    自分はゆとり世代です。
    本来ゆとり世代とはこのようなプロパガンダや広告宣伝に惑わされずに、自分の頭で自由な時間を小さいころから与えることで、経営者(自営業者)(このブログでいえば看板を出している人)をたくさん生み出せることが目的とされた世代だと思うのです。(見当違いであれば、申し訳ございません)

    数年前のゆとり教育叩きは、経営者を生み出したくない先代労働者による暗躍だとしたら……と思うと腹が立つほどです。
    現在は脱ゆとりとまた労働者を生み出すシステムになろうとしています。今それは市場では求められなくなると言うのに……

    ゆとり世代の失敗は、その世代を育てる親(氷河期世代)がプロパガンダに侵されてしまった世代(自由な発想を提示できない)だったと言えます。
    もはや前提環境が狂っていたとしか言えません。

    さて、初めの方に戻りますが、ゆとり世代叩きは『学力低下』を理由にされています。素晴らしい大義名分です。しかし、ゆとり世代を叩いて得をしているのは、今氷河期世代以前の経営者ではないでしょうか。彼らの大半は人を使役する以外でお金を稼いだ事がないのでしょう。(勝手な憶測ですいません)現にゆとり世代を叩いたとして、氷河期世代の方は得をしましたか?
    自分はゆとり世代で良かったと思います。

    ゆとり世代を例にとっても色々な考え方を身につける事が出来ました。「学力低下やん!危ないなぁ!やめようゆとり」
    とテレビ等を見ていると思ってしまうかもしれませんが、僕はこの考え方を身に付き少し客観的になれたのかなと思います。

    この記事では、プロパガンダや2chの言葉だけで反応するのではなく、もっと自分で色々なことを勉強し、体験し、実践することが大切なのだと思います。(自分が一番出来ていない)それによって、このメッセージは誰が得をするのか得をしないのかが分かりやすくなるのかなと思います。

    惑わされないでください。貴方の考えは貴方だけの物ですと自分でいつも思いたいですね。

    自分が就業している業界が終焉に向かいつつある今、会社を辞めて地元に帰るかどうか悩んでいる最中です(笑)
    機会があれば相談をしていただこうかなと検討中です。

    長文・駄文失礼いたしました。

  41. Name *

    逆玉に乗りなさい

    犬を飼う
    骨折する
    ジムに通う

    好きなのどうぞ

  42. teihen

    TOMIN様

    私は恐らく氷河期世代に属する人間だと思うのですが。
    あなた方の事を劣っていると感じた事はありません。 
    (その基本設計においてです。)
    現代型のフランクさを持っておられる方が多い事が論拠です。
    そして、それを気に入らない古い世代が反発しているのでしょう。

    古い世代には、年齢や年次を身分か何かと錯覚している人間が多く、その思考は21世紀型のビジネスには不要です。
    御憂憤、大変理解出来ます。

    あなたのお話を是非伺ってみたいと感じております。
    差支えなければ、御連絡を頂けませんでしょうか?



    1:36様へ

    実は私も逆玉・玉の輿と云う手段には反対ではないのですが。
    それしか突破口がない世の中にはしたくないと考えております。

  43. Name *

    底辺さんのおっしゃる「搾取」の構造について、
    その詳細は勉強不足・世間知らずにより理解しきれていないのですが、
    とりあえず、女騎士のラノベの内容の中で
    「新聞」の普及により大衆を操ろうと目論む特権階級?
    の話は興味深かったです。

    ああやって大衆を扇動して、
    自分達はその価値観の外側に搾取して利権をすすろうとする構造は今の日本にもあるんだろうな、
    (しかも、扇動されている側は、その価値観にのっかったことで自分の価値があがったように感じている)騙されないようにしないとな。。。
    と思いました。

  44. teihen

    7:34様へ

    女騎士触手も書き溜めた続きを書籍化しなくちゃいけませんね。
    何人かの方にお叱りを受けています。

    あれはメディアの頂点側からの視点を描いた作品なので。
    (だからこそ、ラスボスが福沢諭吉に設定されている)
    このブログは底辺側からのカウンター手段模索に徹したいですね。

  45. Name *

    小生は団塊Jr世代です。
    コメ欄拝読しましたが、自分も含め、人間が持つバイアスがどれほど強いか感じます。
    議論で熱くなったら、自己責任でテントとシュラフ、食料・水をもって、2~3日の山籠もりをお勧めします。ただし、山籠もりは熊とスズメバチの危険がありますので、自己責任でw
    生身で自然に曝されていると、プロパガンダの多さ、各種の社会的フィクションなどが実感できます。
    その中で頭をリセットし、自分なりにフラットにもう一度社会をとらえ直されるとよいのではないでしょうか。
    私はどう考えればいいのかわからないとき、手掛かりがないとき、たまに山籠もりします。

  46. teihen

    8:25様へ

    山は良いですね。
    心を洗ってくれます。

    ただ、私は山を汚したくないので入山は自粛しておきます。

  47. Name *

    〉敵は必ず良民を尖兵に仕立てて攻めてきます

    smotoさんの書き込みの

    給料3ヶ月分のダイヤの結婚指輪
    の話でたとえると、

    「そんな安物の結婚指輪だなんて彼女がかわいそう!」
    とか、

    メディアにのせられた周囲の人たちが
    同調圧力をかけてくるのが
    恐ろしいわけですよね。

    さも、
    高価な結婚指輪を贈ることが
    彼女を大事に思っている証

    であり、

    受け止った彼女も高価な指輪を受けとることで、
    大事にされている
    (=自分の人権が守られている)ような錯覚に陥ってるという。

    そうやって、宝石・貴金属業界に搾取されている構図ですね。

  48. teihen

    7:30様へ

    補足に感謝致します。
    以後は貴方の様に解り易い表現を心掛けるつもりです。

    プロパガンダも宝石程度であればまだ可愛いのです。
    しかし、絶対に国防が絡む分野ですので、何とかして民族・国家のプロパガンダ耐性を向上させる手段を模索しておきたいです。

  49. 多那

    >絶対に国防が絡む分野ですので、何とかして民族・国家のプロパガンダ耐性を向上させる手段を模索しておきたいです。


    教育が悪いんでしょうね。

    「人権は尊重すべきだが、人権よりも優先すべきことがある。それが群れの安全である。」

    そういうことを教えないと人権屋に騙される馬鹿が多くて国を危険にさらしてしまう。
    移民の問題もですが、少年法もかなり歪になってると思いますよ。生まれながらの快楽殺人者を世に放ってしまうのだから。これでどれだけ社会が危険にさらされているか。

  50. Name *

    多那 様

    >人権は尊重すべきだが、人権よりも優先すべきことがある。それが群れの安全である

    けだし名言だと思います。

    ここで火にガソリンを注ぐのであれば、
    座敷牢復活論なんぞをぶちこみたいですね。

    大を生かすために小を殺すのか。
    小が住むべき群れを大が提供するのか。
    はたまた、小を生かすために大が許容できる負担を調整するのか。
    (そも、こうした小を生かす議論ができる余裕ある社会を褒めるべきなのやら)

    歪の原因は、当事者の負担調整が行われていない点にあるのではないでしょうか。

    小の例として知的障害者が挙げられます。
    座敷牢を不要とし、調整が成った例として、日本理化学工業株式会社を挙げたいですね。
    少なくとも、好例であると捉えたいです。
    また、イタリアの精神病棟政策も示唆に富んでいると思います。

    老人、障害者といった小を排する行き先は、かつてのNASDAPであり、結果、後世の悪名を一手に引き受けることになるのでしょう。

    こと老人は増える一方なので、議題に登ることが多くなりそうですね。
    思えば、議論者と決定者が当事者ではないのも歪の根っこかもしれません。
    (そうは思わんかね恩田百太郎クン。)

  51. 11/30 7時30分

    >多那さん

    少年法は歪になってますよね。
    戦災孤児を保護するための法律が現代に適合するわけがない。
    ただ、「大人に強要された犯罪」や、
    「虐待された末に反撃して相手を殺してしまった」
    場合等については、
    やはり未成年者を守り更正の方向に向かわせたほうがいいので、 少年法自体をなくすわけにもいかず、なかなか法の調整が難しいのかもしれませんね。

    >12/2 6時28分さん

    底辺さんに人生相談をもちかける人の中には
    障害者もいると思うので
    (つまり、ここを見てる人の中には障害者もいると思われる)
    底辺さんがコメントに困っているのではないでしょうか?
    と想像します(^_^;)

    もう、コメントが50件を越えたので、
    底辺さんも次のエントリーに
    移りたい頃かもしれませんね。

  52. 先行者

    うーん。
    底辺さんのこれまでの流れからすると、およそ考えられないアウトプットを見てしまったような気がします。
    マスメディアが嘘を拡散することは、私も仕事上嫌でも知らされますし、また、一般環境に暮らしている方の中(うちの奥さんなど)には、そんなことは薄々知っているし、だからといって自己論理を貫いても特にならないことが多いから、敢えて流れにのるのだ、という人もいます。
    流れに乗る、というのも人の海を浮かぶ為には必要なのかと。
    あと、2ちゃんねるを見ろ、は如何なものかと。カウンター的な意見を見るには面白い媒体ではありますけれどね。

    私的な意見を言わせて貰えれば、やはり自分の価値観で考えてみることが重要かと思います。例えば、史実に記載が無くとも、自分はこういう経緯だと思うのだが、といった具合にです。

  53. teihen

    先行者様

    まさしく貴方の仰る通りで「カウンター的な意見を見るには」なのです。
    普通に暮らしている人間にこそ、カウンター的な情報に触れる機会は提供される場ですし、それが無かった所為で前時代の人々はプロパガンダにより多大な損失を被って来ました。

    大切なことは、「機会が存在する」ということなのです。

  54. Name *

    底辺さん

    カウンターカキコは確かに見てて、全く別の切り口が存在することは愉快でもあります。しかしながら、例えば世を騒がせたSTAP細胞の事件、あれなどは、2ちゃんねるを見るに、ほぼ欧米製薬会社の陰謀論で集約されているように思うのですが、大きな問題点は、STAPに限らず、それら羅列される内容について、一般人はおよそ確証を得ることが出来ないところです。
    一般的にこうした場合、人間の心理として後出しのロジックに無意識に信憑性を擡げる傾向があるので、例えば海外などからの生の声を聞ける状況でもない限りは、むやみに極端なカウンターを真に受けることは、危険なことのように思います。
    とりわけ、混沌した世の中で爆薬を内蔵した人間が沢山いるわけで、そうした人への影響を考えれば尚更です。

    マトリックスという映画。
    もし現実であった場合、なぜネオはマトリックスを破壊するのかが理解できないのです。敢えてそうすることで得られる対価に関して、疑問が拭えません。
    が、ネオが水槽で目覚めて、そっか了解、でまた眠りにつく様子を想像すると、それはそれで結構笑えますけど(笑)

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。