早くも一年の0.27%が消失してしまった件について 【一年を有意義にする方法】



あけましておめでとうございます。

早速、本題に入る。

 

 

 

 この0.27は絶対に戻って来ない

 

 

一年は365日しかない。

昨年の1月4日に書いた底辺が書いた記事を引用すると、

早くも2014年が終わりつつある件について

 

 365日の1%は3.65日である。

 即ち、1月4日の15時36分を過ぎた時点で2014年はその1%を消化してしまった計算になる。

 もう、2014年は99%しか残されていないのだ。

 そのうち、2014年も終わってしまう。

 2014年にこなせるタスクは、1月4日15時36分までにこなした100倍以内しかないだろう。

 

と云う理屈になり、もう既に2015年の0.27%は浪費されてしまった計算になる。

 

 

 

 

一年を有意義にする方法

 

昨年末に幾人かの相談者の方から、「2015年を有意義にする為にはどうすれば良いのか?」との質問を受けていた。

個々に対してはそれぞれに底辺なりの処方箋を示させて頂いたが、読者諸兄全体に対してもこの場を借りて方向性を指し示したい。

 

結論から言えば、日記用の大学ノートの一番後ろのページに月毎備忘を設置するだけで良い。

 

11

12

 

 

ノートの末ページに1~2行ずつの間隔を空けて1から12までの数字を振る。

勿論、これは1月から12月までを意味する。

そして、月末にその月で 「成し遂げた事」 「知り合えたキーパーソン」 「作り上げた物」 を書き込む。

(毎日、備忘を控えていなければ把握すら困難となる。)

毎月、先月までの「成果」をチェックしながら活動方針を微調整していけば、「能動的な思考」が日常化する。

少なくとも、日々を無駄に過ごしてしまった場合、それが無駄である事に気付く事が出来る。

 

一年の計が元旦に立てられないなら、それも仕方ない。

ただ、月末ごとに翌月の調整を可能にする体勢は立てられる様にはなる。

元日の誓いを1年意識し続ける事には大きな困難を伴うが、月末の誓いを翌月の間覚えておくことは出来ない事もないからである。

 

 

 

貴方が書き残すべき事

 

 

貴方が書き残すべき事は、自分自身の利益に繋がるものでなくてはならない。

貴方の知名度を上げるであろうアクション・新たに学び得たビジネス・貴方個人と誼を結べそうな相手。

それらを獲得・経験した時にノート末の備忘に書き込んでいくのだ。

真面目にその作業をこなしていれば、4月頃に嫌でも焦り始める事が出来るし、成すべき事も見えて来る。

 

人間は弱い。

自分の為に努力・工夫すると云う当たり前の事すら、日常にかまけて実践する事が出来ない位に弱い。

故に、常に自分に付着した日常と云う泥を洗い落とす必要がある。

 

それには、客観的事実を己に見せつけ続けるのが一番手っ取り早いのである。

今日、何のレガシーも打ち建てられなかったのなら、貴方の今日には何の価値も無かったと云う事である。

それが週であれ月であれ年であれ、原理は同じである。

だからこそ、人間は常に「何も成し遂げなかった自分」を監視・糾弾し続けなければならない。

そこまでしなくては、怠惰な人間は前進出来ないからである。

 

 

 

元日の太陽が沈んだ

 

365分の1が終わった。

この時間は、もう二度と取り返せない。

もしも、貴方が今日何も成し遂げなかったとしたら、この0.27%は全く無駄な浪費だったのだ。

1個師団しか持たない将軍が開戦前に27人の将兵を敵一兵討ち取らずに死なせてしまった様なものである。

ここが戦場であれば、そんな無能な将軍は断じて許されない。

今この瞬間から意識を切り替えよう。

何をしていいか解らないのなら、騙されたと思って大学ノートの末尾に12個の数字を書き込んで欲しい。

それが貴方の誓の証である。

どうか目を向け続けてやって欲しい。

 

2015年が貴方にとって有意義な一年となる事を切に祈っている。

そして底辺は2016年の正月に貴方と祝福の盃を交わす。

Tagged with:     , ,

About the author /


8件のコメント

  1. 次郎

    明けましておめでとうございます。

    ノートを用意して始めてみます。

  2. 匿名

    あけましておめでとうとございます
    私は元旦から青申の最終チェックをやっております
    先日年明けに備えて人生初めてカレンダーとホワイトボードを買いましたがこれほど便利とは思わなんだという心境
    帳簿に一言メモでも加えるようにしようかしら

  3. 匿名

    あけましておめでとうございます。

    私は、淡々と粛々と、やる必要のあることから
    やっていこうと思います。

  4. 幸福賢者

    あけましておめでとうございます。
    私は怠惰を賞賛する人間なので、今年も365日無駄にして生きようと思います。
    毎日無駄にブログを書いて、無駄に全力で頑張ります。

  5. 1000$

    あけましておめでとうございます。

    お、去年のネタやな?と思ったら違った件。
    私はkokuyoの月カレンダーノートを使ってます。

    >1:08さん
    帳簿か証憑帳に事業の活動欄を設けると思い返しやすくて便利ですよ。

  6. teihen

    皆様、あけましておめでとうございます。

    私の手法を公開しますと、ノート末を月毎記録に充てている他、日毎の記録は前から順に一行ずつ付けております。
    (1ページで1月消化するペースです)
    上下の余白には、ページが終わるまでのノルマを書き込んでおります。

    何かの参考になれば幸いです。

  7. 匿名

    あけましておめでとうございます。記録をつけてみます。

  8. ed

    あけましておめでとうございます、確かに今年もあっという間に終わるんでしょう。
    さっそく大学ノートの終わりのページに12個の数字を書きました。

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。