底辺の顔に大きく捺された非推奨烙印について



過去に発行した書籍に対して「非推奨マーク」を刻印して行く事にした。

第一弾は『元手無しに一人で商売を立ち上げるマニュアル』である。

解り易いように表紙に大きく「非推奨」と黒く刻印してみた。

 

無題24

 

 

これからも、非推奨マークは少しずつ増やしていく予定である。

 

 

 

非推奨の理由

 

同書を執筆したのは2013年の6月である。

当たり前の話だが、2年弱も経過すると、執筆時点等より遥かにノウハウが蓄積されるし思考も進化する。

今では、同書を閲覧するよりも、底辺とテーマについて5分雑談した方が遥かに有益な情報が得られる場合すらある。

(事実、オンライン販売知識・経験に関しては2013年時点からみて飛躍的に向上したと云う自負はある。)

故に、書籍を過去と同じレイアウトで販売する事に、底辺自身が極めて懐疑的になってしまい、今回の措置に至った。

 

元来は、新規に執筆して情報を更新するのが正しいのであろうが、現在多忙で執筆時間を確保する事が出来ていない。

加えて、新規ノウハウは起業コンサルを開始する時に顧客に配布するPDF書籍に加える習慣が出来てしまった。

当面、ライフハック書の新規発刊は無いと思う。

 

元々、販売に対しての意欲すらなかった同書を単純に消去・値下出来ないのは、同書が「リセールライト品」だからである。

(作成の経緯については、右のエントリーを参考の事 元手無しに一人で商売を立ち上げるマニュアル 

購入者に再販権を保証している以上、底辺が最初の売値よりも価格を下げてしまうとダンピングになってしまうし、消去してしまった場合は二次販売者から引用元を奪ってしまう事になるからである。

値下・消去はこれからも行わない(法的に禁止されるか、このサイトが消滅するまで)事を誓約するので、購入者の方は今後も安心して販売を続けて頂きたい。

尚、内容変更は認めていないが、加筆までは禁止していないので、各々の主張やノウハウを存分に書き足して欲しい。

 

 

今後の方針について

 

底辺の目標は、これからも学問と実践をバランス良く積み重ね続け、過去の著書を全て底辺にとっての時代遅れにする事である。

もしも、底辺の刊行物の中で現在の底辺の思考と大きく乖離している様に見える物があれば御指摘頂きたい。

必ず検討し、お申し出に理があると判断したならば、何らかの注意表示を加える事を約束する。

 

 

 


 


About the author /


6件のコメント

  1. 1000$

    ドッグイヤーな世の中において、情報の陳腐化はもはや宿命…

    だからこそ常に発信者である必要があるのではないでしょうか。

  2. teihen

    1000$様へ

    仰る通りです。
    だからこそ、今年は発信手法を大幅に変更する事にしました。

  3. 匿名

    今回の本ではないですが、底辺氏の著書を購入したものです。
    面白い内容でした。

    本を出すとそのことに拘泥してしまうものですが、
    とてもよいスタンスですね。

    健勝を祈ります。

  4. teihen

    1:31様へ

    お言葉光栄です。
    これからも、積極的な前進を心掛けて行く所存です。

  5. 近藤

    底辺様

    コンサル10万円お願いした場合なんですが、具体的に稼ぎ方をご享受頂けるのでしょうか?
    それとも、抽象的な内容を教えて頂く形ですか?
    あと、私はサラリーマンを8年位はまともにやってる身なのですが、貴殿はコンサルの対象者をニートの方などに対してで、サラリーマンの副業は対象としていますでしょうか?

  6. teihen

    近藤様

    コンサル内容は、私が依頼者様と共に現実的な事業内容を考えていく物になります。
    既に画一的なマニュアルがあり、それを依頼者全員に配布する性質ではありません。
    また、御勤め先が既にある方でも受け付けしております。

    ただ、昨年末から非常に多忙であり、ブログの更新もままならない状態です。
    コンサルに関しても、現在請け負わせて頂いている依頼者様の案件のみを継続しようかと考えている次第です。

    遠くないうちに、コンサル業務に関して現状に合致した形態に縮小、若しくは長期凍結する予定です。

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。