学校の勉強が出来たのに、社会に出て全く通用しない貴方の為に

無題


まずはタイトルが挑発的になってしまった事を謝罪する。

「学校の勉強は上手く行ったのに、社会に出て上手く行かない」

との相談を何件か受けていたので、その原理を解説する為のエントリーを書き進めるうち、このタイトルに落ち着いてしまったのである。

 

 

 

受験システム

 

学校の勉強=受験ではないのだが、タイトルの悩みを抱える方ほど混同させられているので、あえて受験の話から入る。

受験とは「作業」である。

 

※勿論、「作業」とは納期までにミッションをこなす行為を指す。

 

入学試験の日程は決まっており、その納期までに学業の習得成果を点数と云う形で納品する「作業」である。

例えば、センター試験で450点しか取れない人間は、納期までに半数の製品しか用意出来なかった人間と見做される。

(一見、厳しい捉え方に見えるかも知れないが、実社会では納期を守れない者は違約金や信用や地位や命を代償として支払う事が当然である。)

官庁や企業が就業希望者の学歴をチェックするのは、個々の作業能力と納品意識を数値化して判別する為である。

 

そして「作業」を獲得する為のプロモーション活動が「営業」である。

(とても大雑把な表現だが、概要だけ掴んで頂ければありがたい)

就職活動や企画持ち込み等、日常の多くの場面でこの「営業」の能力が要求される。

どれだけ作業能力があっても、買い手を確保出来ないのなら意味がないからである。

「納期までに納品する作業」を自分に割り振らせる活動こそが「営業」である。

 

この「営業」「作業」を両立させる事こそが「仕事」である。

 

 

 

 

営業は何らかの形で一生強いられる

 

勿論、就活が終わったからと言って、「営業」(広義の売り込み行為)が終わる訳ではない。

組織内でどんな任務とポジションが割り振られるかは、組織に対する日頃のプロモーションによって決定されるからである。

「仕事は出来るが、組織で上手く立ち回れてない」

と仰る方の大半は、残念ながら仕事の出来ない方である。

作業能力と仕事能力を混同してはならない。

己の所属組織に対して、能力・協調性をアピールし続けるのも為すべき仕事なのである。

作業しか出来ないのならば、貴方は「仕事が出来ない人」であるし、仕事が出来ない人間が社会で通用しないのは自然の理である。

 

 

 

 

解決方法

 

貴方が社会で通用するようになるには、

 

1、現状で仕事である事を認識出来ていない対内調整やアピールも行う。

2、作業員に徹する事が出来る職業・部署に転ずる。

 

のどちらかしかない。

 

 

貴方は頭が良いので、私の稚拙な文章からでも趣旨は読み取れる筈である。

善処して欲しい。

 

 

私は起業コンサルタントだが、今の貴方に対して起業を推奨しない。

少なくとも、今感じている挫折感の原因位は解析し解決する事が貴方の責務であるからである。

 

安心して欲しい。

このページに辿り着いた貴方(ブックマーク組は除外)は、「問題を解決する能力がある」部類の人間なのだから。

胸を張って闘うなり逃げるなりして欲しい。

どうしても駄目なら底辺に相談してくれて構わない。

宇宙一の駄目男である底辺は、貴方にとっては駄目道の大先輩であり、凌ぎ方や誤魔化し方には一日の長があるのだから。

 

 

 


 


 

Tagged with:    

About the author /


15件のコメント

  1. 面倒臭そうな文章だから読む気しないけど
    必死で「勉強」しなきゃ学校の成績を保てなかったような奴なんて
    地頭が悪いから何やらせても使い物にならねーんだよ。
    できる奴は何もしなくてもできるし。

  2. 匿名

    ↑ここの読者が誰だか考えたことある?

  3. 匿名

    何で底辺君って学校ネタが多いの?

  4. 匿名

    記事のターゲットを幅広くとってあるから、
    ほぼ全ての読者が共通に体験してる学校の話題が多くなるのでは?

  5. 匿名

    >できる奴は何もしなくてもできるし

    経験も無しに旨く出来る奴なんて、そうそう出てきやしないよ
    君の周りは天才ばっかりなんかい?

  6. 匿名希望

    自分的には、今回もポイントを抑えた内容だと思いました。

    評価されたければ、自分をプレゼンする事も大切だと感じます。

  7. teihen

    あ様

    所詮、世の中は私も含めて「出来ない人間」で構成されているので、皆を活用するシステムを組み上げなくてはならないのです。



    8:01様・8:17様・10:54様へ

    私の当初の想定から外れてしまっているのですが、学生・院生の方からの相談が増えており、提示する救済案を模索している次第です。



    12:15様へ

    私も貴方と同じスタンスで記事を書いておりました。
    ただ、予め原理さえ聞かされていれば、人間は対応出来る事も多いので、
    今回は「仕事」の構造を簡略に解説させて頂きました。



    匿名希望様へ

    ありがとうございます。
    機会があれば、プレゼン技術についても一記事書いてみようと思います。

  8. 匿名

    学校では「きちんとやること」が求められるけど、
    職場では「うまくやること」が求められるからね。
    この齟齬に参っちゃう人間は多い。
    そういう生真面目不器用人間の処世も聞きたい。

  9. 匿名

    自営じゃなくても社内で営業しないといけないんだから世知辛い世の中ですなあ。
    作業員に徹する仕事、部署はその名の通り歯車を求められるから
    自分は替えがきく人材ですよ、と社内で認識されて立場弱くなるしたまらんね。
    これからの社会の攻略法の記事でもあったけど、結局営業というかアピールというか
    そういうのやらないとどんどん袋小路に追いやられてしまう感じだね。
    たとえ作業員として今はなんとかやってけたとしても。

  10. teihen

    1:08様へ

    これは私見ですが、「生真面目不器用」は怠惰の一形態ではないかと感じ始めております。
    私自身が不器用な屑ですので尚更に。
    貴方の望む答えは出せないでしょうが、いずれこの問題をエントリー化すると思います。



    3:58様

    これだけ世界の人口が増えて、ロボットやパソコン(ある意味コピー拡散装置である)が普及すれば、「労働」の単価は今後も下がる一方でしょう。
    現役世代が、「作業員」としての最適化教育を植え付けられてしまっているだけに、この問題は根が深いと考えます。

  11. 1000$

    勉強する過程で仕事する力を鍛えるのが本当のところなのでしょうが…難しいもんです。

    久しぶりに”族長”の話ですが、いわゆる地方駅弁大学を卒業したものの
    コミュ力(プレゼン、殺し文句、)で営業の納期を守っております。
    「トークは鍛えられるが、傾聴を鍛えるのは容易では無い」
    とのことでした。
    逆に資料作りや銀行の振込等の総務的な納期は外注しております。

    勉強云々より、適材適所って大事ですね。

  12. teihen

    1000$様へ

    素晴らしい族長じゃないですか。
    是非とも、彼のテイストを吸収するべきだと思います。

    人間は己の望むポジションの為の人材になるべきなのです。

  13. a

    ところで、学校の勉強ができたというのはどのレベルからなのでしょうか?
    仮に、大学の勉強についていけたという意味になると、あまりにもハイレベルなのですが・・・。

  14. teihen

    a様へ

    タイトルの「学校の勉強」をの部分を見た瞬間に、
    『自分のことだ!』
    と思った人の事です。

  15. a

    すばらしい皮肉ですね。
    残念なのは、自分で「学校の勉強ができた!」なんて思う人には届きそうにないところだけです。
    せっかく、わかりやすい記事になっているのに・・・

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。