元手の無い未成年が45日で金持ちになった方法  【情報商材の起源】



「元手が無いからビジネスが起こせない!」

「まだ未成年だから起業出来ない!」

 

との声をよく聞くので、その固定観念に対する処方箋を書き記しておく。

伝えるのは底辺では無く、シンガポールの天才である。

 

 

【ジョー・クーマー】

 

彼が頭角を現したのは、高校在学中。

まだ18歳であった頃である。

その若さで彼は、「情報商材」の起源譚となる。

 

 

当時、無名であったクーマー少年は世界中の金持ちや成功者にあるメールを送った。

文面は以下の様なもの。

 

こんにちは!  ●●● 様。

あなたは、突然、全財産と地位・名誉も無くしてしまいました。

 残っているのは、インターネットと自分のマーケッティングのノウハウだけです。

ただ、これから1ヶ月間、電話とインターネットが使えるだけです。

秘書もパートナーもいません。

インターネット・マーケティングのノウハウがあるだけです。

そんな、自分を救い出すために、あなたなら、これからの30日間をどのように使いますか?

ジョー・クーマー

 

無論、全員から返信があった訳ではないが、

最初から経験豊富な成功者に対してメールを送っているので、

返信が30通だけだったとしても返答のレベルは相当高かった。

クーマー少年は、その返信を「30日で成功するインターネットマーケティング」と云うタイトルのe-bookに纏めて一冊97ドルで販売した。

45日間で1600人に売る事に成功したので、日本円にして1800万円を1ヵ月で稼いだ事になる。

無論、元手はゼロである。

これが情報商材の起源であり、インターネット錬金術の輝かしい成功例である。

 

 



 

 で、本題はここからである。

金儲けの天才・石井貴士氏が加工本を出す。

 

石井氏はベストセラーの「新結局「仕組み」を作った人が勝っている」でも成功者としてインタビューされている切れ者である。

嗅覚が正しい。

 

 

成功例を見て、直ぐに学習成果をカタチに出来る者は正しい。

成功には2種類の成功があり、

・成功者の資質に基づく成功

・原理的な成功パターンを忠実に踏んだ故の成功

に大別可能である。

そして、賢者は常に後者であろうと心掛けているのである。

About the author /


7件のコメント

  1. 匿名

    何で前者じゃ駄目なんだろう?
    でも僕は才能あるけど、「直ぐに学習成果をカタチに出来る」状態じゃないのは確か。

  2. 匿名

    これ以前胡散臭いアホリエイトのメルマガで紹介してた話だわ
    あん時は精神病んでたな

  3. 匿名

    アフィからポチっておきますた

  4. ふわふわ

    底辺さん、
    いつも真剣に拝読してます、ふわふわと申します。
    金持ちになりたい、だけど脱サラ出来るほどの度胸も夢も金も才覚もない、朽木ばりのキモ底辺OLです。

    ジョークーマーさんのほぼまるぱくで、自分では結構売れるんではないか、と思っている企画を思いついたんですが、
    いかんせん、集めたい情報を持っているであろう方の、リストの集め方で壁にぶち当たりました。

    このジョージクーマーさんはどうやって企業トップのメアドをゲトしたんですかね、、
    そんなことを言ってるからいつまでも自分は最低辺だな、とも思うのですが、自分と違う方には、自分にはない解決の切り口をお持ちだろうと勝手に考え、今回コメント致しました。

    もし、お時間があり、なにがしかひっかかって下さいましたら、コメント下さいますと幸いです。

    どうぞよろしくお願いいたします。

  5. teihen

    ふわふわ様へ

    コンサル内容とも重複してしまいますので、事業企画のテクニカルな話についてはコメント欄では回答し兼ねます。
    メールでの事業相談と云う形式であれば、回答可能な範囲で応えさせて頂きます。


    ※ネット上では極力性別特定可能な文章は避けた方が好ましいです。

  6. Jennifer

    In need of an earpiece for work and chanced on this article, it is so
    confusing, all i do know is that i need a cobra earpiece,
    your article post has assisted but i would like to explore a bit
    more!

  7. Joshua Phillips

    I dislike reading time-consuming articles, simply as i have got a bit of dislexia, but i actually loved this
    one

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。