会社でやらされてる無意味な仕事をカネにする方法

office


底辺のサイトに対して、

「オマエは似た様な趣旨の記事ばかり書いているじゃないか」

との批判を下さる方が居られる。

 

否定はしない。

弱者が生存の為に取り得る戦術は限定されており、

弊サイトが、「底辺の底辺による底辺の為の底辺」をキャッチコピーにしている以上。

ライフハック術は、持たざる者を対象に書き残しているからである。

 

弊サイトが一貫して訴えている事は、

自分が優位性を発揮できる戦場を見つけて、自分より弱い者を相手に戦え。

それだけである。

 

もしも、貴方が上記の一文にインスピレーションを感じ、

何かを悟ったなら、弊サイトは用済みである。

貴方の貴重な時間が惜しいので、明日からはもっと高次の学習に時間を費やして欲しい。

底辺は心から祝福する。

 

ただ、プチコンサルを営ませて頂いたり、

結婚相談所の買収のおりに、相談員としての実務を行わせて頂いた経験から解るのだが、

世の中には、具体的な例を挙げて、細部の運用まで指示者に委ね、リスクに対する補償まで約束しないと動けない人間が多く存在する。

自分が優位性を発揮できる戦場を見つけて、自分より弱い者を相手に戦え。

と底辺なりの解答を示しても、

「じゃあ、その戦場はどこだ?」

とか

「弱い奴に負けたらどうするんだ?」

とか

「負けたら責任獲れるのか?」

等と枝葉末節の非生産的な反応が多く返って来るので、

仕方なく記事を色々な切り口から量産している。

色々なエントリーを作成していれば、そういう人種にも親和性のある記事が一つ位は生まれるのではないか?

と考えているからだ。

 

 



 

前フリ終わり。

タイトル回収に入る。

「会社でやらされてる無意味な仕事をカネにする方法」

貴方が普段、会社で遂行を命じられている仕事・作業を無駄に感じるのは何故か?

貴方がその仕事・作業に真剣に取り組み、習熟したとしても会社以外の環境で通用し辛く、

貴方の労力が貴方の将来に還元されない事が目に見えているからである。

会社は貴方の習熟度が上がれば得をするが、その「得」に正比例した分配はなされないであろう。

(適切に分配を享受している者はこのタイトルの記事に辿り着けない。)

 

故に、貴方が現在の仕事量を正当に換金しようと思えば、

貴方自身のビジネスにエネルギーを転嫁しなければならない。

興味が持てずカネにもならないのは、貴方のエネルギーが他人のビジネスに費やされているからである。

顧客と私的な親交を結ぶ以上に有意義な手法の一つは「業界サイト」を自分で立ち上げる事である。

 

貴方が会社でやらされている下らない仕事の情報は、実は非常に価値のある情報である。
カネになる情報と言い換えてもいい。
早速、業界や会社、商品の情報をウェブサイトの形にする事をお勧めする。
貴方は素人よりも、その業界について遥かに詳しい筈でだし、判りにくい点があれば会社の先輩や上司に尋ねる事が出来る。

(貴方は圧倒的なアドバンテージを保有しているのだ。)
アップロードが終われば、アドセンスなり何なりアフィリエイトソースを貼り付ける事をお勧めする。
骨子は、貴方が得た知識や情報を貴方の為に利用である。
会社を辞める時でもニュースソース(ウマの合う同僚)の確保は忘れずに。
インプットした情報は、自分の保有する権利の内でアウトプットしなくてはならない。
会社員が貧しいにも関わらず、会社が儲かっているのは、このシンプルな鉄則を遵守しているからに過ぎない。

 

もしも、この文章を読んだ貴方が、

「ウチの業界はBtoCじゃないし、地味なニッチ業界だから俺には関係ないね」

と感じたのなら、貴方にとってのチャンスである。

貴方の作るサイトは競合が少ない可能性があるからだ。

(貴方の居る業界は貴方如きに人件費を払ってでも事業を行う価値のある業界なんだぞ!)

小銭でもいいので、自分のビジネスでキャッシュを得る習慣を付けて欲しい。

そうすれば、こんな下らないエントリーを読まずに済むようになる。

 

貴方が御自身の幸運に気付く事を祈る。

 

About the author /


2件のコメント

  1. 匿名

    前フリを本編にしてもいいな

  2. 匿名

    背任行為ですやん

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。