マック赤坂の正体 【泡沫候補群雄伝】



マック赤坂(マックあかさか、本名:戸並誠、1948年9月18日 – )は、財団法人スマイルセラピー協会会長、スマイル党総裁、政治活動家。

愛知県名古屋市出身。

京都大学農学部を卒業。  

 財団法人スマイルセラピー協会会長として全国で講演活動を実施、老人介護施設等でボランティア活動を行っている。

このスマイルセラピーとはスマイルをメイクすることでメンタルをマイナスからプラスへネガティブからポジティブへ変えるトレーニング療法である。

モテない人をモテモテに変える「恋愛モテモテコース」などもある。  

また、政治団体であるスマイル党の代表者として国政選挙や地方選挙に出馬(いずれも落選)、大幅減税、教育再生、うつ病・自殺対策などの政治活動を行っている。

 

 

 

 

↑ ここまでウィキ引用。

伊藤忠商事退職後1998年にレアメタル貿易会社を設立も加えておく。

マック赤坂の正体はレアメタル会社のオーナー社長なのである。

そして、かなり儲けている。

 

 

 

古い情報によれば、

 

関連会社などからの所得約2億3千万を隠し約6700万円を脱税したとして、東京地検特捜部は20日、法人税法違反と所得税法違反の罪で、

「マック赤坂」として今年の参院選に出馬した、レアメタル専門商社「マックコーポレーション」の戸並誠社長((62)=東京都港区=を在宅起訴、法人としての同社を起訴した。  

起訴状などによると、戸並被告は平成18年12月までの2年間で、同社に架空の役員報酬を計上するなどの手口で所得5200万円を隠し、法人税約1500万円を脱税。  

また19年までの3年間に、会長を務める財団法人「スマイルセラピー協会」で架空経費を計上するなどして所得約1億8200万円を隠し、所得税約5200万円を免れたとされる。  

 

↑このニュースは、マックウォッチャーの皆さんにはおなじみかも知れない。

「マックコーポレーション」なるレアメタル輸入会社を経営し、

隠せる所得だけで2億以上あるのだから、ボロ儲けである。

もっとも、「マックコーポレーション」で検索しても、会社のサイトには辿り着けない。

同住所に存在する、「株式会社 ニューマテリアル」こそが新しいマック氏の拠点である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑がマック新会社の紹介サイトの魚拓(運営は東京都港区)。

念の為、このサイトで保存しておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら旧会社マックコーポレーションの求人票魚拓。

中国貿易メインの企業の模様。

 

 

http://www.newmaterial.jp/index.html

そして上記URLが「株式会社 ニューマテリアル」の会社サイトだ。

戸並健太郎はマック赤坂の息子である。

かつては父の奇行に反発していたが、今では映画の試写会に同席する程の和解を見せている。

↓の日刊SPAの記事を参照。

 

「泡沫候補」をテーマにしたドキュメンタリー映画「立候補」の無料上映会が9日、調布文化会館・映像シアターで行われた。    

この映画は、’11年の大阪府知事選と大阪市長選のダブル選挙に立候補した、いわゆる「泡沫候補」を追ったもので、府知事選に立候補したマック赤坂氏と3人の「泡沫候補」や、

体調の悪化でやむなく立候補を断念した、羽柴誠三秀吉氏、’07年の東京都知事選での衝撃的な政見放送が話題となった外山恒一氏らに「なぜ選挙に出るのか」を問うた作品。    

イベントには映画「立候補」のポスターにもなり、現在、東京都知事選にも立候補しているスマイル党総裁・マック赤坂氏も観客と一緒に鑑賞。

スーパーマンの衣装に身を包んだマック氏が観客席に現れると、100人超の観衆から大きな拍手が湧いた。  

映画「立候補」は無料上映会のみにて上映。

マック赤坂氏と橋下徹氏の対決が最大の見どころである。

「10月に行われた新潟での試写会には15人しか観客が集まらず、正直どうなるか心配だった」と監督の藤岡利充さんは壇上で語ったが、東京での上映会は都知事選、衆院選を控えて関心が高まったためか、「満員札止め」の盛況ぶり。

主役級のマック赤坂氏も「個人演説会に10人しか来なかったのに、100人を超える人が集まって正直驚いた。改めて自分が見ても面白い作品。私のあきらめない姿を見てほしい!」と口角“泡”を飛ばした。    

さらに藤岡監督は

「自分も『アカデミー賞を獲る』と言って田舎を出てきたが、周囲には散々バカにされてきた。そんな時、マック赤坂氏に出会い、ひょっとしたら自分よりバカにされている人かもしれないと、失礼ながら撮影対象に選んだ。敗戦を重ね続けるが、決して諦めない候補者たちの姿を撮っていて、自分も生きる勇気を貰った。観客の皆さんにも人生の”立候補”がする時が来ると思う。そんな時、何か役立つものになれば」

とこの作品に込めた思いを語った。    

上映終了後にはマック赤坂氏の息子さんである戸並健太郎も壇上に立ち、

「父の選挙活動に対しては昔は大反対で、さんざんケンカしてきたが、今はこんな格好をしていても、実は大真面目に活動をしている父が輝いて見える」

と“我が道”を行く父にエールを贈った。  

【引用元URL】 http://nikkan-spa.jp/346408

 

で戸並健太郎を洗うと、

ロシア語教室「ラインゲート」の語学教室を運営している。

【ラインゲートURL】 http://www.linegate.jp/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となると、中国回避でロシアに移行した( or しつつある)のだろうか?

と云う仮説が立てられる。

 

ちなみに、息子がロシア語教室の会社を運営するって、「西側」の防諜常識では、当然東側の協力者を意味する。

別に底辺は防諜機関の職員ではないので、目くじらを立てる気は無いのだが、

ロシアパイプを持つ可能性の或る人間がそのバックグランドを隠蔽して政治工作を行っている可能性がある、

と云う点には留意しておく。

 

日本は一回ゾルゲにやられた国なので、どれだけロシア人に警戒してもし過ぎると云うことはない。

まあ、そういったらロシア側は明石元帥の工作を指摘するんだろうけどさ・・・・

関連機関は、チェックしてるよね? 多分。

 

 

私人のプライベートサイトで戸並健太郎を発見したので、足跡を追う。

http://ha2.seikyou.ne.jp/home/Kumiko.Nakata/index.html

 

 

 

 

 

 

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hinoki/3109/

 戸並健太郎の私サイトには、そこまで怪しい点は発見出来ず。

今後も底辺はマック赤坂に粘着して調査するので、情報提供者が居られれば協力お願いします。

 

 

Tagged with:     , , , ,

About the author /


3件のコメント

  1. 匿名

    粘着質な調査だww

  2. 匿名

    まあ、金があれば笑えるわけだ。
    世の中金だ。

  3. 匿名

    健太郎君のほうが痛いじゃないかw

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。