フリーランスになったのに全く稼げない人が稼ぐ方法


結論

 

あなたが儲からないのは、あなたが誰からも知られてないからです。

もっと市場との接点を増やす事を心掛けて下さい。

 

 

前置き

 

メルマガ等で告知したので、貴方ももう御存知かも知れないが。

ニートギルドと云うコミュニティを起ち上げた。

 

公式サイトリンク

公式Twitter

 

早い話、食えるニートを増やすことが弊ギルドの目的であり。

ギルメンに目的を示すとするのなら、ここから抜け出すことに他ならないだろう。

 

この組織を運営していて再確認したことだが、ニートからフリーランサーには簡単にクラスチェンジ出来る。

そういうノウハウは既に飽和している。

 

なので、「フリーランサーになる方法」と云う切り口の記事には今後注力しない。

【現在は誰もが簡単にフリーランサーになれる時代である】と云う前提に基づいて、その後食べていく方法を指し示して行きたい。

 

 

知名度が上がれば顧客すら選べるようになる

 

さて、既にあなたがフリーランスとしての看板を掲げていると云う前提で話を進める。

儲かっている人間はこんなサイトを覗かないので、貴方は儲かっていない筈である。

 

では何故、儲からないのか?

 

答えは冒頭で述べた通りシンプルな物である。

貴方が貴方の顧客に全く知られていないからである。

 

貴方には何らかの売り物になるスキルがある筈である。

(例えば、この文章を読めている時点で一定の日本語読解能力とデバイス操作能力を備えている)

もしも全人類が貴方と貴方のビジネスを知っていたら、今頃誰かが貴方を利用してくれていただろう。

だが、現状。

誰も貴方を知らない。

ごく僅かな認識者の中の更に僅かが貴方のビジネスの存在を何となく知っているが…

現在の貴方が顧客を受け付けているのか否かも、どうやって発注するのかも、商品金額すらも知らない。

 

それが、貴方が儲からないの理由である。

 

勿論。

「客は居るんだけど金払いが悪くて…」

と云う風に一定の知名度があると主張される方もおられる。

だが、客を選べないのはそもそも顧客分母が小さすぎる所為である。

体験談で語るのは恐縮だが、儲かっている人間は総じて、顧客を多く保有した上でコスト・リスクの高い客を切っている。

そして余ったカネと時間を新規営業に投入している。

言うまでもなく、より金払いの良い顧客に巡り合うことがその目的である。

 

 

 

世界は貴方への連絡方法が見つからずに困っている

 

貴方へコンタクトを取る手段が多ければ多い程、顧客を招き易い。

(多く本を読まれている方なら『導線』と云う単語を聞いたことがあると思う。)

 

底辺の実体験だが。

魅力的なフリーランサーを見つけコンタクトを取ろうと試みるも

そのサイトに設置されていたメールフォームサービスが不調だった為

打診を断念せざるを得なかったケースがある。

また、TwitterやFacebookの特定のSNS経由でなくてはコンタクトを取れない人も居る。

戦略でやっているのなら構わないのだが、無意識的にそれらを普遍物と錯覚しているのであれば危険である。

 

もう一つ実例を挙げよう。

昔、ある職人系のフリーランスの方から

 

「地域で一番SEOが強いサイトを保有しているにも関わらず集客率が悪く困っている。

アクセスはそこそこあるのに。」

 

と云う相談を受けたことがある。

実際にその方のサイトを見せて貰うと、ややプライベート色が強く仕事を請ける為のものではなかった。

 

少年野球の指導が悪いとは言わないが、それは顧客には関係ない。

社員旅行の行き先が台湾であれ香港であれ、それは成約率に貢献しない。

 

 

「連絡して頂いて感謝します! 大歓迎です!」と言わないと帰る人も存在する

 

顧客は貴方が思っている以上に繊細で臆病である。

「ウチにはどんどん相談して貰って構いませんよ! 大歓迎です!」

と云う雰囲気を全開にしていないと、怖がって声を掛けてくれない人も存在する。

 

一見、豪胆そうに見えても。

特定の何かを異常に恐れる人は存在する。

その『何か』は人によって異なる。

数字だったり法律だったりITだったり英語だったり肉体労働者だったり。

あなたが何の気なしに掲げている看板にアレルギーを持っている人種は少なくはない。

そして不思議な事に、貴方の顧客は往々にして貴方に対するアレルギー患者である。

 

例えば貴方がIT業者だったとしよう。

「顧客の全員が、IT嫌いでナードを軽蔑していてPCに向かって作業している人種を詐欺師と決めつけている。」

位の前提で、そのあらぬ誤解を解くための姿勢を取るべきである。

 

 

集客の為に行うこと

 

貴方の周囲の人間に「こんな商売をやってるんだけど」と話す癖を付けること。

成功者の何割かは、居酒屋の隣客から飛躍の第一歩を得ている。

(出資して貰ったり、発注して貰ったり、業界の大物を紹介してくれたり)

何も成功する為に酒を呑めと言っている訳ではない。

彼らは社交型のライフスタイルを持っている上に、誰にでも臆面なく事業の話が出来るのだ。

 

こなしている打数が多いのだから、ヒットも比例して増えるのは当然である。

貴方が天才的な4割打者だったとしても、一度しか打席に立たなかったのであれば通算安打数がゼロである可能性が極めて高い。

そして貴方が内心見下している泥臭い1割バッターは1000打席に立って100安打をきっちり叩き出している。

 

これが貴方と成功者の違いである。

そして、フリーランスが稼いでいく為のヒントである。

 

まずは他人との接点を増やし、貴方の事業を知る人を増やして欲しい。

酒宴を無理強いするつもりはないので、フランクに他人と話せる訓練を初めて欲しい。

 

今、習慣・思考を変えなければ…

どれだけ頑張ったとしても、10年後も同じ悩みで更に貧窮する羽目になるだろう。

であるので。

市場から見た自分、というものを一度冷徹に俯瞰で見て欲しい。

 

貴方に落ち度はない。

ただ、今は正しくないプログラムに沿って稼働しているだけなのだ。

 

 

 

蛇足

 

Q. 何でニートギルドはゲーム風なの?

A.ゲームに例えないと皆が真面目に話を聞いてくれないから。

 

(例)

 

before

底辺 「ですから! フリーランスで仕事を受注して行こうと思ったら、もう少し業務幅を広げて行かないと!」

相手 「え~。  でも~、前の会社でやってた作業だけで何とかなりませんかね?

    正直、この歳になってカネになる保証のない知識って頭に入らないんですよね~ww」

 

after

底辺 「ゴールド報酬が発生するレベル5以上クエストを受諾するには

    マーチャントにクラスチェンジした後、トレードスキルに最低2ポイント割り振る必要があります。」

相手 「わかりました!!!!」

 


 

Tagged with:     ,

About the author /


14件のコメント

  1. Name *

    全体的にゲーム風のコンセプトだったのはそういう理由があったんですね

    これからの時代、アニメやゲームを馬鹿にしてしまうのは、大阪で阪神ディスるのと同じぐらい命知らずとされる、という話が現実になっているんですね…

    底辺様のゲームっぽく必要なことを話すのは、とても分かりやすい上に参考になります

  2. teihen

    4:26様へ

    本当に気付いたのは最近なのですが。
    日本語でも英語でもない、「ゲーム語」って、やはり存在しますね。
    人によってはゲーム・漫画・ラノベ語で話した方がスムーズなことも多いです。

    もしかすると20年後、こっちが日本の共通言語になっているかも知れませんね。

  3. しげる

    お客さんの分母や、コンタクトの方法のあたり、なかなか耳の痛い話ですが、大切な事だと思います。
    私はSNSが苦手なのですが、もはやそうも言ってられないみたいで。
    どうやら武器やスキルの前に、チャットができないと、パーティーに入れてもらえないみたいです。

  4. teihen

    しげる様

    SNSって得手不得手ありますよね。
    ただ、ネットコミュティが苦手であっても、【SNSに不慣れなだけでコミニュケーションを嫌っている訳ではない】とはアピールしておいて下さい。

  5. 山中 一人

    例えフリーランスになっても、社交的である事(宣伝上手)が成功への必須条件であるという話は、コミュ障にとって絶望的な現実です。

    だからこそ、今日的弱者のコミュ障が実行可能な方策についてのタイトルを熱望いたします。

  6. 多那

    金のロレックスをすると売り上げを飛躍的に上げられるらしいですよ。
    それまでは1+1=2レベルの話をしてもまともに聞いてくれなかったのにロレックスしてるとみんなが真面目に話を聞いてくれるそうです。
    底辺さんの言うところの金か美貌か力のどれかを手に入れると生物ランクを嵩上げできるって奴なんでしょうけどね。

    商売していて感じるのは例えば100点(購入を決定するラインの点数)の製品を出したところで顧客からは60点程度(もしかしたら良いかもな程度)にしか見てもらえないと言うこと。では200点の製品なら120点かと言えばやっぱり60点くらい。なぜならこの問題は言葉の内容だけでそれが正しいか判断する能力は素人には存在しないというところのあるから。専門家なら自前の知識や経験と照らし合わせて正しいか判断できますが、そもそも素人にはその知識がありません。
    で、どんなに良い製品も60点なら購入ラインの100点には達さないわけですが、消費者は残りの40点をどう補うかって言うと周りの評判だとか大企業だとかそういう要素ですよね。つまり多くの人は不確定な要素を複合的に判断していて、製品の内容だけで100%の判断はしていない、というかできないと言うことらしいです。

    そこでロッレクスの話に繋がるわけで、人が話の内容だけから正否を判断できないなら、私には金のロレックスの話が説得力を持って聞こえるんですよね。だから試したいと思っているのですが、でも金のロレックス300万くらいするんですよね。。。
    とりあえず買えるように頑張らなきゃなと思っています。

  7. teihen

    山中一人様

    折衝が苦手な方の生き残る道は、己のスペック・使用法を詳しく整理整頓して公開し、より良心的kな買い手を探す事です。
    おとなしい子供にとって勉強が生命線であるように、内向的な自営業者にとってはスペックの錬磨と公開だけが向上の道です。

  8. teihen

    多那様

    だからみんなパチモンを買うのではないでしょうか?
    今、「ロレックス 激安」で検索したのですが、2万円ちょっとで売ってました。
    権威で判断する顧客の為にも、自営業者がそういう誇示を行うのもサービスの範疇だと思います。


    補足すれば。
    己の顧客層を精査し、「どういう部分に権威を感じるか?」を把握すると捗るかも知れません。

  9. 多那

    底辺さんありがとうございます。

    私プライドが結構高いのか、パチもんは付けたくないのですが、売り上げがどうしようもなく上がらなくて、ほかにやることもなくなったら考えてみますねw


    >己の顧客層を精査し、「どういう部分に権威を感じるか?」を把握すると捗るかも知れません。

    権威って言うと難しいですけど、ある程度技術公開して業界に一定の影響を及ぼした実績を作ると良いかもしれませんね。名前も売れますし。
    参考になりました。ありがとうございました。

  10. 1000$

    ロレックスで客は引っ張ることができる。
    といいのは本当。
    ショボい定期入れで相手を正気に戻してしまい交渉に負けた。という逆の例もあるのです。

    人間いい人からは買わないですよ。すごい人から買うんです。

    スタジャンの法律屋なんて信じちゃいけません。

  11. teihen

    1000$様へ


    同感です。

    >人間いい人からは買わないですよ。すごい人から買うんです。

    この部分などはある意味真理ですよね。
    後は、偽物を見抜く目を持ちたいものです。

  12. Name *

    忘年会しませんか?
    年の区切りなんて他人事をキッカケにしちゃおうというカレンダーハックです(笑)
    名乗るの禁止。誰が底辺さんか最後まで分からないっていう(笑)
    東京で開催なら参加します!

  13. Name *

    >名乗るの禁止。誰が底辺さんか最後まで分からないっていう(笑)

    →それだと、「底辺さんご本人がいなくても」
    成り立つ忘年会になるなあ、と思ったり(笑)

    冗談ですけど(^^;

  14. teihen

    忘年会面白いですね。
    タイトルにもあります通り、「無限の地平はみな底辺」なので
    全員が底辺を名乗る集まりのようなもの、がどこかで開催されても面白いかも知れません。

    私は「管理人と参加者」という集まりよりも、そちらの方が好きです。

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。