サブプライム(ブラック)企業への制裁が示したクレジットヒストリーの本質

watami


「クレジットヒストリー」と云う単語・「クレヒス」と云う略語は既に人口に膾炙しているので皆様御存じだと思う。

早い話が消費者の支払履歴の事である。

アメリカではこれが社会を支配しており、支払履歴から弾き出される「クレジットスコア」にアメリカ人民は一喜一憂しているらしい。

支払能力が人間の価値を決定し、人生を大きく左右するのだから当然であろう。

信用力の高い人たちはプライム層、信用力の低い層はサブプライム層と呼ばれる。

サブプライム層のローンを証券化して売り出した輩がいたが、その末路は周知の通りである。

かくして、「サブプライム」は非英語圏でも被差別語となった。

『1984』に怯えて観念的自由主義に凝り固まったアメリカ人民が最も数値管理されてしまっているのは笑えない皮肉である。)

要は、クレジットヒストリーが誕生した事により消費者は厳重監視されるようになった、と云う事である。

この前フリを踏まえて本題に入る。

 

 

 

 

 監視される経営者の言動

 

クレジットヒストリーは、クレジット(信販)会社同士が不要な損失を被らない為に消費者の信用を共有管理する為のシステムであるが、

世の会社経営者もこの原理によって監視されるようになった。

 

消費者の支払に延滞があればクレジットヒストリーが悪化し、サブプライム層に落ちた消費者の金利条件が不利になるように、

経営者の言動に過失があってもクレジットヒストリーが悪化し、サブプライムレッテルを貼られた経営者のビジネス展開に不利益が生じる。

 

こんな理屈を考え付くようになったのは、俗にブラック企業と呼ばれるワタミやすき家が人手不足で経営状態を悪化させているニュースを見てからである。

 

 

 

 人手不足による企業赤字ニュース

 

居酒屋チェーンを運営するワタミは2日、2014年3月期の最終的なもうけを示す連結最終損益が49億円の赤字(前の期は35億円の黒字)になったと発表した。

従来予想は12億円の黒字で、1996年の上場以来、初の最終赤字転落となる。

外食産業は全体では総じて堅調だが、消費者は専門の料理を出す店に流れ、特色に欠ける従来型の居酒屋は苦戦。業態で明暗も分かれつつある。

ワタミでは主力の外食事業の既存店売上高が前の期比で7%減と、10年ぶりの落ち込みを記録。本業のもうけを示す営業利益は68%減の29億円と、従来予想を20億円下回った。宅配や介護事業も振るわなかった。

労務環境を改善し慢性的な人手不足を解決する目的もあり、居酒屋チェーン「和民」と「わたみん家」の不採算店を中心に、今期は同社の居酒屋の1割にあたる60店を閉店。

これに伴う減損損失など特別損失26億円を計上するほか、将来利益を上げる前提で計上していた「繰り延べ税金資産」も22億円取り崩し、大幅な損益悪化要因となる。

外食業界全体では、景況感の改善に伴う「プチぜいたく」の需要が追い風となり、単価が比較的高い商品を扱うファミリーレストランや回転ずしなどは好調だ。

これに対し、低価格だが画一的なメニューが並ぶチェーン居酒屋では客離れが起きている。

若者のアルコール離れもあり、外食産業総合調査研究センターによると12年の居酒屋・ビアホールの売上高は00年に比べて23%減った。

ワタミでも米国風レストラン「TGIフライデーズ」、炭火焼き店「炭旬」などは伸びているのに対し、店舗の約9割を占める「和民」「わたみん家」は苦戦。

既存店売上高は3月まで24カ月連続で前年を下回った。

 http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNASDC0200F_02052014EA2000

 

 

ゼンショーホールディングスは17日、傘下の牛丼チェーン「すき家」で人手不足による休業が深刻化しており、対策として全国に7つの店舗運営会社を置く「地域分社化」に踏み切ると発表した。

約4万人在籍するアルバイトやパートの労働条件に各地域の実情を反映させ、働きやすい環境作りを進める狙い。

分社化は6月に行い、正社員も各地域で採用する。

すき家の店舗数は3月末時点で1984店。

6月からは、北海道・東北▽関東▽首都圏(東京・神奈川)▽中部・北陸▽関西▽中・四国▽九州・沖縄-の各地域会社を設け、それぞれ約300店舗ずつ運営。

従業員の採用や賃金、配置のほか店舗統廃合などの権限を各社に委譲する。

ゼンショーによると、すき家の人手不足は、調理の負担が大きい「牛すき鍋定食」などを発売した2月から深刻化。

計画的な店舗改装による休業を除き、これまでに計約250店が時間帯休業や深夜・早朝の営業休止を余儀なくされた。

こうした事態をうけ、ゼンショーは「従業員の不満を十分把握できていなかった」(広報)と判断。

分社化と並び、労働環境改善に向けた有識者による第三者委員会も設ける。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140417/biz14041714470021-n1.htm

 

 

 

セオリーの変わった労働市場で

 

普通は労働者が辞めた位では企業の経営は悪化しない。

セオリーでは3か月も経てば人員が補充され、企業活動は今まで通り再開出来る。

(従業員が期待しているほど、従業員個々の存在に必然性はない。)

問題は従業員が補充されなくなった点にある。

ITインフラの充実がクレジットカード業界の消費者監視能力を飛躍的に向上させたように、労働者階級の企業調査能力も高めた。

それがブラック企業の求人が難しくなった理由である。

ワタミ創業者の渡邉氏がネット上の悪評を「風評被害だ!」と表現しているが、

あれは単に経営者としてのワタミのクレジットヒストリーが悪化して、労働力が融資(珍妙な表現で恐縮であるが)されにくくなっただけの事なのである。

そこには何のカラクリもない。

返済履歴の劣悪な人間に誰もカネを貸したがらないように、経営履歴の醜悪な人間には誰も労働力を貸したがらないだけの話なのだから。

 

まあ、小難しい原理も必要がない。

「ワタミ バイト」で検索しようとしたら

「ワタミ バイト 骸骨」

「ワタミ バイト ガリガリ」

「ワタミ バイト ブラック」

と表示されるのだから、普通は敬遠されるだろう。

労働者の代替品が幾らでもあるように、バイト先の代替品も幾らでもある。

ちなみに「すき家 バイト」しようとしたら「すき家 バイト テロ」と表示されたので不謹慎ながら吹き出してしまった。

 

賢い経営者はネットインフラが発達する以前から、この原理を熟知し自身の言動を強く戒めていた。

故に、きちんとした商家は子弟の言動を真っ先に矯正し「躾」ける。

些細なヘイトが原因でビジネスが失敗する事は商売人にとっての常識だからである。

 

 

IT革命の特徴は情報共有のコストを爆発的に下げた事である。

消費者のたった一回の支払延滞が全ての信販会社に共有されてしまうように、

経営者のたった一言の放言が労働者に簡単に共有拡散されてしまう時代になった。

今は、たった一回のテレビ出演や雑誌取材の応答の失敗が、経営者にサブプライムの烙印を押してしまう時代であるのだ。

故に前時代と違って現在の経営者にはスター性などよりもステルス性が要求されるようになった。

無論、一定水準以上のビジネスパーソンは全員がその事実を認識し、自身と自社を新時代に最適化させている。

だからこそ余計にサブプライム経営者は不必要なまでに槍玉に挙げられるのである。

信販会社にとって消費者の支払履歴が自身の命運を握る最重要情報であるように、

労働者階級にとって経営者の過去の言動もまた文字通り自身の生死に関わる最重要情報であるのだから。

 

これからのクレジットヒストリー

 

クレジットヒストリーとは、現時点では信販サービスの利用履歴に過ぎない。

だが、IT革命の本質を鑑みれば最終的に個人履歴そのものを指す概念となるだろう。

特に人間にとって最も重い利害が生じる「雇用」に関しては労使双方(そんな概念もどうなるかは不明だが)の監視体制は更に進む筈である。

(これは予言などではなく、単なる摂理の話である。)

 

勿論、多くの方にとって今回のエントリーは既に常識なので、底辺如きが大上段から何かを述べるつもりはない。

今の時代はこういう仕組みだから各々が適応し損失を蒙らない事を心掛けて欲しい、と云う趣旨であった。

信販会社の仕事が顧客のクレジットヒストリーを監視する事であるように、労働者諸氏の仕事も就業先のクレジットヒストリーを精査する事である。

ブラック経営者を選別して退ける事も貴方の仕事なのである。

どうか新しい時代のルールにより深く適応して欲しい。

貴方の血が勝者として22世紀を迎える為に。

 

 


 


About the author /


17件のコメント

  1. 匿名

    底辺君は未来予報士みたいな言動が多いのだけれど結局22世紀はどうなると踏んでるの?
    (悪口じゃないよ)

  2. 1000$

    過去のアレを生娘のようにビクビクしている私です。

    バカッターを笑えん。

  3. 匿名

    冒頭のワタミ漫画にコーヒー噴いたじゃないかww

  4. 匿名

    今回の記事はとてもわかり易かったです。
    Twitter炎上事件とかがどうして起こるのか分かったような気がします。

  5. 匿名

    息苦しい世の中になってきましたね。。。

  6. teihen

    8:34様へ

    全ての仲介コストが今まで以上に下がり、個人が社会にダイレクトに関与する時代になります。
    そのシステムからあぶれた層が、マフィア化・宗教団体化・自給農可(この3つが混在する下層が出来上がる)するので、それらを整合する能力を持った為政者が作ったスタンダードが次代の模範社会像になります。
    多くの面で加工貿易国家とは対極の指針策定を要求されるでしょう。


    1000$様

    私が右欄のラノベを削除したら、「何かに負けた」と思って下さい。



    11:59様へ

    私なんか魚肉ソーセージが咽喉につまりました。



    8:39様へ

    著名人の炎上は、信販会社の延滞アラームの様なものですから。


    11:07様へ

    いや、相互監視は結局良民を護る効果があるのです。
    その上で風通しの良い社会を作るコツは、上流層への監視度合を必ず庶人よりも重いものにする事です。

  7. 匿名

    底辺君の現状把握&未来予想はよくわかったけど
    じゃあ結局普通の人はどうやったら適応できるの?
    いっちゃ悪いけど底辺君は飛び抜けた能力のある人だと思うのね
    てもみんながみんな底辺君みたいにネット時代に対応できないでしょ?
    俺が知りたいのは俺みたいな凡人がどうやって生き残るかだからさ

  8. 1000$

    「有限の山岳は皆頂点」というブログはどうだろう。一人称は「頂点」で。

    底辺層だから分布の裾野が広く。対処がケースバイケースになる説。

  9. teihen

    2:35様へ

    未来では、全員が意識せずに「ネットに対応している」と呼ばれている様に行動してます。
    原理を理解して動いている人間は得をしていますし、乗せられているだけの人間は損をします。
    ツールやギミックが大きく変わるだけで、社会の本質自体は古代と対して変わらないでしょう。




    1000$様へ

    それがまさしく、サイドカラムの低属性コンサルなのです。

  10. 匿名

    現状はよくわかるんだけど、支配者側・経営者側の粗放さの理由がわからんなあ。
    ネット時代の情報伝達の高速化をはじめ、時代の変化を彼らが意識しないなんて信じられないよ。彼らにとって、なんか合理的な理由があるはずなんだけどなあ。

  11. teihen

    進化とは適応出来なかった個体が滅ぶ現象です。
    今はフルイが激しく揺れている時期なので、フルイが緩かった時期の当落ライン者達が淘汰されているのです。

    トップの人間はこの流れを認識して既に時代に適応していると思います。

    畏れ多い事ですが、今上陛下はあれだけマスコミに露出されておられるのに、
    反日勢力に揚げ足を取られるような発言って残ってないですよね?
    それは今上陛下が御自身の才覚でマスメディア時代のルールに適応してしまったからです。
    (先帝陛下のインタビュー記録よりも今上陛下のそれの方が遥かにクレバーさを感じます。)

    『出来る人間は大抵の変化には適応してくるし、紛い物は些事でメッキが剥がれてしまう。』
    私はただそれだけの事であると考えております。

  12. 匿名

    うーむ。ご明察。
    確かに今上陛下で一番危なかった政治的発言?は、尊敬申し上げる今上陛下の発言を蒸し返すのは全く不本意なのですが、民主党政権下の東日本大震災で、確か3週間で東北地方視察という発言でした。これは民主党政権の実務能力を全く見誤った発言でした。(翻って先帝陛下の発言で、私は、富田メモを状況的に信用せざるを得ないと考えており、英明たる先帝が軽率であることに臍を噛む思いです)
    閑話休題。確かに底辺氏の志向する国民総自営業は、愚劣なブラック企業人を淘汰するためのとても良い目標ですよね。過渡期というのは本当に難しい。
    個人が富むために総自営業化し、その結果、国が豊かとなることは、ブラック企業人を排除する一番の特効薬ですかね。以上、長文&与太話失礼。

  13. teihen

    9:50様へ

    今上陛下は「炎上」と云う単語が生まれる前からその概念を存じておられたのでしょう。
    そんな気がします。
    先帝陛下は事績を調べれば調べるほど広報力に難がある事がわかります。
    広報と云う分野に関しては理系+貴人のマイナス部分が前面に出てしまった方であると感じます。
    (特に戦後のマスコミインタビューは痛ましいです。 近臣にロクなのが居なかったのでしょう」

  14. 蝦夷苺

    底辺さま、いつも楽しませていただいています。
    ツイッタでもフォローしていたのですが、
    ツイッタは、主に宣伝用のご様子ですので、
    ツイッタは解除、こちら一辺倒で読んでおります。

    つきましては・・・なんですが、
    このセクションの記事をコピーさせていただけないでしょうか?
    もちろん、リンク貼ります。
    (たって、うちのブログは誰も関心持って読んでいるひとは、
     いないのですが・・・・)
    このセクションは、キモなので、自ブログに記録しておきたいのです。

    自分としましては、名刺とHPとケータイを手に
    営業活動しております。
    HPは、趣味系、匿名系の友達には秘匿しています。
    わたしも、ステルスが好きなんです。

    底辺さんのご提言は、概ね頷けます。
    ときどき、変な融資サイトのリンクなんかありますけどね^^
    わたしだったら、いつもコンタクトを取ってるお客様にさへ、
    「投資をお願い」することはないと思います。
    ましてや、見ず知らずの人からなんて・・・。

    でゎ。御許可を・・・。

  15. teihen

    蝦夷苺様へ

    お世話になっております
    底辺です。


    リンクの件了承です。
    ご自由にお使いください。

    貴方のお役に立てれば幸いです。

  16. にこまつ

    イラストは
    まんがで学ぶ 成功企業の仕事術「ワタミ」からですね。

    ワタミ万歳のプロパガンダ漫画なのに、
    佐川急便で居眠り運転してたとか、
    介護施設買収したときにベテランスタッフに愛想尽かされて一斉退職されたとか、ブラック臭一杯で別の意味で勉強になりました(笑)

  17. teihen

    にこまつ様へ

    それでも無難な部分しか描いてないのでしょうね。
    怖い物見たさで読んでみたいです。

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。