クレジットカード現金化の最大換金率



クレジットカード現金化 換金率】

 

お金を借りたいときは、金融業者に申し込んでキャッシングサービスを活用するのが一般的です。

けれども、申請の際に必ず審査が実施されるため、収入が低かったり他社からの借り入れが多かったりすると断られてしまうことも珍しくありません。

そんな時に重宝するのが、手持ちのカードを使ってお金を借りる「クレジットカード現金化サービス」です。

クレジットカード現金化サービスは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る仕組みになっています。

現金化業者が提供している商品をクレジットカード決済で購入すると、キャッシュバック特典という名目で自分の銀行口座に現金が振り込まれます。

このサービスの最大のメリットは、一切審査がないため融資を断られずに済むということです。
手続きもきわめて簡単であり、早ければ即日融資も可能です。

他社のキャッシングを利用できなくて困っているブラックの方にとっては、救世主のような存在のサービスと言っても過言ではありません。

個人情報の保護も徹底されていて、在籍確認の電話なども一切ありません。
初心者の方でも安心して申し込むことができます。

お金を借りる最後の手段として利用されているのが、クレジットカードの現金化です。

クレジットカードを売って現金に換えるという明らかに怪しいものではなく、クレジットカードのショッピング枠をキャッシング枠のように利用する方法を言います。

ショッピング枠は買い物をした際にお金を支払うのですが、この原理を利用してお金を作ることができます。

ショッピング枠は、高い買い物をしてもそのままの金額を支払うことになります。

クレジットカードの現金化を行っている会社は、得に価値の無いものを高い値段で購入して貰い、手数料などの差額を減額した物をお金として提供します。

 

 

 

クレカ現金化のメリット

 

基本的に換金率は85%以上が目安となっており、かなり高額な換金が行えることが分かります。

実はクレジットカード現金化には審査がありませんので、誰でもお金を借りることができます。

クレジットカードを持っていれば、それ以外の審査をする必要性がないためです。

そのためブラック扱いになっている方でも借りられます。
これが最終手段といわれている理由です。

そして振込まで1時間もかからない点が魅力的で、すぐにお金を借りたい場合に利用できるという利点があります。

 

 

 

 

クレカ現金化のデメリット

 

一方で支払いは長引く恐れもあります。
クレジットカードのリボ払いを利用しての返済になることが多く、その金利は18%であることが多いです。

そのため金利で返済が長期に及ぶことを覚悟しなければなりません。


ただ借りやすいことは間違いありません。
返済の目途を立てて計画的に活用する必要があります。

 

 

 

 

クレジットカードを現金化する場合の換金率はケースバイケース?

 

 

クレジットカード現金化の換金率は、優良店の相場としては利用金額によっても変わってきますが、

だいたい10万円の商品を現金化する場合には、換金率は83~88%程となっている場合が多いです。

もちろん利用金額によって換金率は変わりますので、金額が大きくなってくればくるほど、換金率は上がってきます。

中には90%以上のプランもありますし、個人カードだけでなく法人カードでの利用も可能な場合もあります。

カード現金化の会社によっては、男性よりも女性の方が換金率が高くなっているプランを提供している超優良店もありますので、

女性の場合はそのようなカード現金化の会社を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

公共料金の振り込みよりも効率的にクレカを使う方法

 

 

クレジットカード現金化は業者を通して行う方法以外にも、自分で行う方法があります。
自分でクレジットカード現金化する場合にはどのようにしたらいいのか、考えてみましょう。

 

≪どんな方法がある?≫

自分でカード現金化をする場合は、ショッピング機能を使って買い物をし、その商品を買い取ってもらう方法で現金が得られます。
しかし、商品の選定や買い取ってもらう業者などは、すべて自分で行わなくてはいけません。

 

kaitei

 

また、どんな商品でもいいわけではありません。
リサイクルショップや金券ショップで買い取ってもらえる商品に絞られます。
例えばブランド品、ゲーム機、金券などです。
中でも金券類は換金率が良いので、人気がありますね。
新幹線の回数券は換金率が96%に達することもあり、現金化業者を通すよりもお得にできます。

 

 

 

≪自分で行う現金化の注意点≫

 

自分でカード現金化を行うには買い取り式しかできませんが、それには非常にリスクがあります。
なぜなら、転売目的で商品をクレジットカードで購入する行為は、カード規約に反するからです。
転売目的かどうかはカード会社に言わない限り分からないのでは友思われますが、購入の仕方や商品によってすぐに疑われてしまいます。

 

換金性が高くて同じ商品をいくつも買うような行為は、カード会社も警戒しています。
換金率の高い新幹線の回数券もクレジットカードでの購入は非常に注意すべきで、大量に購入したり、居住地区と全く関係のない区間の回数券を購入したりするとカードの利用停止の可能性が高いです。

 

また、金券や新幹線回数券以外で換金性の高い商品の場合は、戻ってくるお金がそれほどでもないことが多いです。
ニンテンドー3DSLLの場合、新品だと18,000円前後しますが、買い取ってもらう場合は15,000円ぐらいです。
85%ぐらいの換金率なのでまずまずといったところですが、買い取ってもらうショップによっても価格は異なり、もっと下がってしまう場合もあります。

 

 

 468_60 0729

About the author /


あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。