【金持ちになるには?】 画期的な金儲けの方法を開発した天才の手口から僕らが学ぶべきこと

jasrac


自分の曲をカラオケで再生→全国ランクでトップ入り――。

こうした手口で多額の著作権料を受け取っていた 大阪府岸和田市の男性に対し、東京地裁(大須賀滋裁判長)は21日、

2年半の間に受領した約1700万円を 日本音楽著作権協会(JASRAC)に返還するよう命じる判決を言い渡した。

 

判決などによると、男性は自分で作詞・作曲した演歌調の曲やバラード調の曲をカラオケ会社に持ち込み、 有料で配信楽曲に入れてもらうサービスを利用。

自宅や知人宅など16カ所にカラオケ端末を置き、 2009年から自分の曲を再生し続けた。

複数の端末は同じ場所に置かれ、スピーカーにも接続されていなかった。

 

3カ月で約100万回再生された時期もあったが、99%以上は男性が設置した端末によるものだった。

 1カ月間、1日17時間以上歌い続けたことになる端末もあった。

09~11年に大手カラオケ会社のランキングで AKB48などの人気曲を押しのけ、たびたびトップ3を独占したという。

 

 



 

 

これ何が不正なんだ?

 カラオケ配信元は再生数に応じてJASRACに著作権料払ってんだろ?

 JASRACはそれを著作権者に配分するのが当然じゃないの?

 カラオケ配信元のビジネス形態はどうだろうが関係無いじゃない。

 

 

 

 

問題は、重要な点は。

この原告が、誰も思いついてない手口で金を儲け、1700万円を獲得したと云う事実である

金儲けのネタはこんな身近にもあるということ。

 

このケースではたまたま裁判長が返還命令を出したが、問題なしとの判決が出ていた可能性もある。

金儲けのコツは犯罪を犯す事では無い。

誰もがまだ気付いていない分野で勝手に儲ける事である。

今回の岸和田の天才もそこに気付いた一人だろう。

 

 

JASRAC登録したらこうなる

 

 CDを作る際、制作数に応じて申請し、JASRACに使用料を払わねばならない。

ライブ演奏する時に申請し、JASRACに使用料を払わねばならない。

その他、何かにつけて申請し、JASRACに使用料を払わねばならない。

自分で宣伝のために無料で使用するにも秒数などの制限があり、 いちいちJASRACに申請して許可を受けねばならない。

 

ちなみに 歌詞 を印刷する場合にも 申請&許可 が必要になる。

予算の少ないCDに歌詞が付かないのは、紙と印刷代だけでなく、 使用料の節約でもある。

 

JASRACというのは作品の使用料を代理徴収する会社である。

お金を払ってまで曲を使ってくれる人がいなければ、 登録しても何の意味もない。

ラジオのアマチュアやインディーズの投稿番組なんかでは、まず支払われないので登録曲は応募出来ない。

 

JASRAC登録していない場合、曲の権利は? 

勿論、権利は、曲が誕生した瞬間から、作った人のものである。

JASRACは、あくまで管理委託された作品の使用料の面倒を見るだけ。

権利に関しては、何の関係もない。

ただ、勝手に使用されて自分の会社が儲からなくて困る、 という場合に動く。

登録しているからと言って、権利を守ってくれるというワケでもない。

 

 

 

最新・音楽著作権ビジネス ~原盤権から配信ビジネスまで

About the author /


あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。