「である調」で文章を書く方法



皆様が御存知の通り、弊サイト「ニュー速VIP底辺ッ!!」「である調」の文体で作成しています。

とある読者の方との往還で、

「である調」で文章を書くにはどうすればよいのか?

との問い合わせがありましたので、

このエントリーの発表を以て回答に代えさせて頂きます。

 

底辺は専門教育を受けた訳ではありませんので、

厳密なアドバイスをする事は不可能なのですが、

(ちなみに底辺は、国語も「1」でした。)

底辺なりのベターな手法を書き記しておきます。

 

この記事が貴方に貢献する事を切に願います。

 

 

 

頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)

 

 

 

 手っ取り早いやり方として、

ワード機能を使う。

と云う手段を提案します。

ワードの標準機能に「文体の統一」と云う機能があり、

「ですます調」や「である調」に統一する事が可能です。

 

【例えばWord2007の場合】

 

画面左上のOfficeボタンをクリックし、[Wordのオプション]の[文章校正]を選択します。

 [Wordのスペルチェックと文章校正]の[設定]ボタンをクリックし、

[文章校正の詳細設定]の「表記の基準」項目で「文体」の右端のドロップダウンリストから、「です・ます」体に統一を選択しOK。

その後、[[Wordのスペルチェックと文章校正]の[再チェック]ボタンをクリックして[はい]→[OK]で自動校正が終了すると、

校正必要の個所が表示されるので、その個所で右クリックして校正候補を選択すると、その箇所が「です・ます」体に変換されます。

 

 

 

【フリーソフトの活用】

 

大抵の問題はフリーソフトが解決してくれます。

0 Edit

 例えば、上記URLのフリーソフトは、

文体変換(です/ます調←→だ/である調)機能や語尾変換機能(語尾のだ/である→~ナリとか)、

HTML文書からタグを取り除く機能、総文字数計算機能などがある変わったエディタです。

普通のエディタとしても無制限のUndo・Redo、自動バックアップ機能(間隔は変更可)、不要な空白や空白行を削除する整列機能などがあり十分な機能です。

 

ただ、底辺にとっては少し使い辛いソフトでした。

「クリップボードを開く」からでないと文章がコピー出来なかったので、

皆様にあっては、各々に合ったツールを各々の使い易い様に利用して頂く事を推奨します。

 

このツールを冒頭部分に使用した場合は以下の文章に改変されます。

 

 

 



 

 

皆様が御存知の通り、弊サイト「ニュー速VIP底辺ッ!!」は「である調」の文体で作成している。

とある読者の方との往還で、

「である調」で文章を書くにはどうすればよいのか?

との問い合わせがあったので、

このエントリーの発表を以て回答に代えさせて頂く。

 

底辺は専門教育を受けた訳ではないので、

厳密なアドバイスをする事は不可能なのだが、

(ちなみに底辺は、国語も「1」だった。)

底辺なりのベターな手法を書き記しておく。

 

この記事が貴方に貢献する事を切に願う。

 

 

「頭がいい」とは、文脈力である。 (角川文庫)

 

Tagged with:    

About the author /


1件のコメント

  1. 匿名

    そんなソフトがあるのかよ
    俺も底辺だが全部自分でその場で思いつくまま書いてるぞ
    ソフトの使い方を覚える方が大変そうだ

あなたのコメントを投稿

メールアドレスは表示されません。*(アスタリスク)は入力必須項目です。